亭主元気で留守がいい の巻

 七夕ですね。

 さて、「七夕」と書いて「たなばた」と読むのはなぜなんでしょう。
七夕について、ちょっと書きたいと思います。

 上巳、端午と同様、7月7日も節句なわけで、これを「七夕(しちせき)」と言うそうです。

 また、神事として、機織りでこさえた着物を棚に祀って神様に豊作を祈る行事があったそうで、これを「棚機(たなばた)」と呼んだそうです。

tanabata.png

 仏教が入ってきてお盆の意識ができると、お盆前にこの機織りの行事が行われるようになり、それが節句と結びついて「七夕(たなばた)」となったようです。

tanabata5.png

 また、もともとは織物の技術向上から、五色の糸を飾っていたそうですが、寺子屋での書字上達を祈願して短冊に字を書いて飾るようになり、それが今に繋がっているようです。

tanabata6.png

 ちなみに五色というのは、、黒の五色です。中国の陰陽五行から来ている色で、それぞれに意味があるそうですが、割愛します。
 字を書くのに黒は不便なのであまり見かけないですが、代用としてもあるようです。

tanabata7.png

 同じく7月7日に、中国には「牽牛織女の伝説」があります。織姫と彦星です。
さらにこれと日本の七夕が結びついて、今みたいにごちゃ混ぜの行事ができたのだと思います。
 ちなみに、七夕のことを「星合(ほしあい)とも呼びます。素敵な名前ですよね。

tanabata3.png

 余談ですが、平安時代などの陰陽師は、非常に緻密に空を観察し、その微細な変化を正確にとらえて異常気象やさまざまな事を予言したりしたそうです。科学に勝る叡智ですね。
 巨大な望遠鏡を持つ現代人よりも、あるいは空のことをよく知っていたのかもしれません。

 なんにしても、毎日顔を突き合わせてるから喧嘩になったりするわけで、一年に一度会うぐらいが、夫婦も円満なのかもしれないなぁと心の中で思っています。
スポンサーサイト
 

コメント

夫婦って不思議な関係ですよね(*´ω`*)
他人同士が何十年って一緒に生活するんですよ❗

程よい距離って大切かも…

でも七夕のように一年に一回は少なすぎ(笑)
2016/ 07/ 08( 金) 08: 59: 46| URL| # -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する