FC2ブログ

こんな本読みました の巻 ~20~

 当たり前だと思って見過ごしていた事に、ふと何かのきっかけでそこに焦点を当ててみると、存外知らなかった事の多さに気づきます。「知らないで死ぬより、知って死んだ方がいい」と、死を待つ獄中でも学び続けた吉田松陰。そんな境地に一歩でも近づきたいものです。

 今回は、日常的に接している「単位」に関する本を読みました。

book20.jpg 
『新しい1キログラムの測り方』
臼田孝・著
2018 講談社

タイトルを見て息子が一言「1kgなんて、測るの簡単やん。」と。
「どうやって?」と聞くと、「秤で測ればいいやん。」と。ほほう。
「それなら、そもそもその秤を作る時に何を基準に1kgを決めたんやろ。」と聞くと、「うーん。わからん。」と。

 そうなんです、1kgって何をもって1kgを決めているか、実は、案外知らないのです。
 いや、まぁ、ご存知ならすみません。 

 ”世界の某所に、ピッタリ1kgの基準の金属の塊があって厳重に保管されていて、それを元に各国が1kgの基準を合わせている。”…と言う冗談のような話が、実は正解だったりします。意外に非近代的。

 ところが、その1kgの塊(原器と言う)、わずかな摩耗も起こさないように三重に鍵まで付けて大切に保管されていたにも関わらず、百数十年経過するうちになんと5ng(ナノグラム)も変化してしまったのです。ちなみに5ngとは、1億分の5g(指紋1個の重さ)。
 ごくごくわずかな差でもズレてきたら世界中の基準がずれる事になってしまい、大変なのです。

 そこで、絶対的な1kgの基準を作ろうではないかと奮闘する世界中の賢い人たちの奮闘の物語が、この本には書かれています。そして、「プランク定数」「アボガドロ数」と言う値が極めて高い精度で求められたことにより、ついに来年から1kgをより正確に規定する事となったのです。

 また、質量以外の単位に関しても、いかに正確にそれを表現するか、同様に奮闘したこれまでの歴史も知ることができます。文明とは、正確に”はかる”ことから生まれるのだ、と思いました。


 
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する