FC2ブログ

わたしと小鳥と鈴 の巻

 先日、庭先に雀の子供が落ちていました。
 まさに、”落ちていた”感じです。

 毛は生えそろっていて、動いています。
 けがはないようですが、飛べないようです。
 時折羽をバタつかせますが、あくまで歩いている感じです。

 困った。
 野鳥の子供はあまり触れるとよくないと聞いた事がある気がしたので、とりあえずネットで調べてみました。

 すると、色々わかりました。

 毛の生えていない小さな雛の場合は巣から落下した可能性が高い為、ケガがなければすぐに巣に戻してやった方が良いのですが、今回のような比較的大きな雛の場合は、飛ぶ練習をしている最中なので、人間が手を出さない方がよいそうです(ソース)。

 そうやって見てみると、確かに時折親鳥と思しき雀が来ては近くに止まって鳴いています。

 とは言え、いつまで経っても一向に飛ぶ気配のない小鳥。
 やがて空は暗くなり、親鳥もどこかへ行ってしまいました。

 これは、保護した方が良いのか、それともまた親が来る可能性があるから放置した方が良いのか…。幸い気温はそれほど低下していなかったので、買ってきた「鳥の巣」の中にだけ入れ、食べるかどうかわからないけど一応米粒を置いて水も置いておきました。


 そして、翌朝。

 小鳥の姿はありません。周囲を探すと、何と…、何本かの散らばった羽。
 結局、小鳥がどうなったか、わからないままです。
 
 もしかしたら、野良猫か何かにやられたのかもしれません。
 
 果たして、どうするべきだったのか今でも後悔している、とても後味の悪い小鳥のお話しです。
 持ち上げた時の小鳥の温かさを思い出すと、今も少し胸にグッと来ます。

suzume.png 

 空を眺めて雀が飛んでいると、それぞれが一生懸命飛ぶ練習をしたのだなぁと、なんとも感慨深くなります。

 「鳥を飼いたい」と家族に言ったところ、「頼むからやめて」と0.5秒で却下されました。


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する