療法士・看護師訪問の併用に関する現状とお礼 の巻

 本年度の介護報酬・診療報酬改定による”訪問リハビリのみご利用の方におかれる看護師訪問の追加”に関してまして、5月より順次、まずは療法士と看護師の同行という形で開始させていただきました。
 6月以降は実際に「30分未満の訪問看護」という形で看護師が単独訪問させていただきたいと存じます。

  さて、今回、改訂に伴う非常に唐突な変更にも関わらず、ご利用者さま、ご家族さま、ケアマネジャーさま、その他事業所の方々には、一件のご苦情やご不満もなくご理解賜りましたこと、本当に感謝しております。 この場をお借りしまして、お礼申し上げます。

 これが制度上の形式的なものになるのではなく、看護師訪問の機会が、療法士による訪問のサービスの質の厚みにつながる様に連携を強化してお応えできればと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

  なにぶんまだまだこちらも不慣れな事が多くてご迷惑おかけしますが、お気づきの点などがございましたらお知らせください。

stamp.png
絵に意味はございません。
字ばかりでは寂しいので、先日描いた載せた次第です。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する