FC2ブログ

こんな本読みました の巻 ~17~

 今回は、「時計」に関する本をご紹介したいと思います。何気なく部屋にかかっている時計。一度、時計と目を合わせてみてください。彼らは黙々と時を刻んでいます。
 しかし、不思議ではないでしょうか。時刻は、いったいどうやって生まれているのでしょうか。「神のつくったもの」であった「時」を、人が手に入れるまでの先人たちの努力が詰まった一冊です。

book17.jpg 
『時計の科学 人と時間の5000年の歴史』
織田一朗・著
2017 講談社

 日時計、水時計、砂時計といった古来の時計が生まれたころから、驚くべきことに、人類は「地平線から太陽が見え始めて完全に姿を現すまでの時間(約2分)を720倍すると1日である」事を知っていたのです。あまたの単位の中で、時計だけが12進法なのも、自然から生み出した理由があるのです。

 本書では、5000年に及ぶ時計の歴史を繙いて、現代、そしてこれからの展望にも筆が及んでいます。あたりまえの”1秒”が絶対のものではなく、これすら変化しているという話はとても面白いです。
 現在の電波時計の精度は「3000万年に1秒以内の誤差」だそうですが(※)、今後目指している光格子時計の精度は、なんとなんと「3000億年に1秒の誤差」だそうです。
 正確な時刻を手に入れる事が出来たことで、相対性理論による主観的な時間の差も、測定できるようになってきたとの事(10の-18乗秒レベルの精度が必要だそうです)。 

※訂正:高精度なセシウム原子時計は「3000万年に1秒以内の誤差」ですが、現在運用されている電波時計の制度は「30万年に1秒以内の誤差」でした。えらい違いでした。訂正いたします。

 時間とは何か。時計という切り口でこれを考えるのに、とても面白い一冊でした。
 ちなみに、本の表紙の時計は、かのマリー・アントワネットが贅の限りを尽くして作らせた時計、その名も「マリー・アントワネット」で、価格にしたら3億は下らないそうです…。

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する