鬼の居ぬ間に命の洗濯(後編) の巻

さて、前編に引き続き、鬼(嫁)の居ぬ間の奈良一人旅後編です。

 岡寺(龍蓋寺)を出たら、そのまま細い道を降り、石舞台古墳を横目に見ながら車で約5分。続いて訪れたのはこちらです。

IMG_20170326_111359.jpg IMG_20170412_080142.jpg
本堂の写真を撮るのをすっかり忘れていたので、こちらの”二面石”の写真のみ。
ヒントは、”聖徳太子生誕地”


正解は、『橘寺』です。
聖徳太子が生まれたとされるお寺で、御朱印も「太子誕生所」と書いてもらえます。参拝する際に「教科書に聖徳太子と言う名前がきちんと残る事になりましたよ。」とご報告。


続いてはお寺ではないのですが、どうしても行ってみたかったところです。

IMG_20170326_113853.jpg IMG_20170326_114128.jpg 
『天武・持統天皇陵』

 天皇陵、と言うと仁徳天皇陵のような大きなものをイメージしますが、こちらはほんとに学校や民家の隣にひっそりと存在しています。国難の時代を、仏教の力を借りて治めようとされた天武天皇と、その皇后でもあった女帝・持統天皇がお二人で眠ってみえます。


 さて、天皇陵を後にするとぼちぼちお腹が空いてきたのですが、なにせ午後からは雨の予報なので、ご飯を食べる間も惜しんで、頑張って行きたい場所をあと2ヶ所、回らねばなりません。


 再び来た道を戻り、続いてはこちらです。

IMG_20170326_115901.jpg IMG_20170326_120753.jpg
ここは有名です。蘇我馬子が建立した、日本最古の本格的寺院です。
右の写真は”蘇我入鹿の首塚”です。


答えは、『飛鳥寺』
 ご本尊は写真にある釈迦如来像(一般撮影可能な珍しい仏像)ですが、実は飛鳥時代の残りは顔の部分だけ。他は落雷や火災で焼失したそうです。
 飛鳥仏と言うのは”アーモンド形の目””アルカイックスマイル”が特徴。


 飛鳥寺を後にして、北上。再び桜井に入りました。

 最後に訪れたのは、こちら。個人的に、ぜひおすすめのお寺です。

IMG_20170326_123635.jpg 
ヒントは、干支の花絵と、浮見堂。


答えは、『安倍文殊院』
 恐らく、知名度はかなり低いかと思います。案内看板も殆どなく、非常にわかりにくい場所にあります。しかし!とても良いお寺です!
 何と言っても圧巻は、鎌倉時代の仏師・快慶作の、獅子に跨る国宝・渡海文殊菩薩です。7メートルもあります。他にも見どころたくさん。拝観料で、抹茶とらくがんの振る舞い付き!

 ぜひ、飛鳥・桜井方面へ行く際は訪れてみてください!

と言うわけで、以上8か所を回ったところで時刻は13:30。所要時間は約5時間でした。


 こんなところまでお読みいただいてありがとうございました。
 奈良は、とにもかくにも人が少ないのがいいですね。旅の参考になれば幸いです。

 map0326b.png 
参考経路


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する