FC2ブログ

こんな本読みました の巻 ~20~

 当たり前だと思って見過ごしていた事に、ふと何かのきっかけでそこに焦点を当ててみると、存外知らなかった事の多さに気づきます。「知らないで死ぬより、知って死んだ方がいい」と、死を待つ獄中でも学び続けた吉田松陰。そんな境地に一歩でも近づきたいものです。

 今回は、日常的に接している「単位」に関する本を読みました。

book20.jpg 
『新しい1キログラムの測り方』
臼田孝・著
2018 講談社

タイトルを見て息子が一言「1kgなんて、測るの簡単やん。」と。
「どうやって?」と聞くと、「秤で測ればいいやん。」と。ほほう。
「それなら、そもそもその秤を作る時に何を基準に1kgを決めたんやろ。」と聞くと、「うーん。わからん。」と。

 そうなんです、1kgって何をもって1kgを決めているか、実は、案外知らないのです。
 いや、まぁ、ご存知ならすみません。 

 ”世界の某所に、ピッタリ1kgの基準の金属の塊があって厳重に保管されていて、それを元に各国が1kgの基準を合わせている。”…と言う冗談のような話が、実は正解だったりします。意外に非近代的。

 ところが、その1kgの塊(原器と言う)、わずかな摩耗も起こさないように三重に鍵まで付けて大切に保管されていたにも関わらず、百数十年経過するうちになんと5ng(ナノグラム)も変化してしまったのです。ちなみに5ngとは、1億分の5g(指紋1個の重さ)。
 ごくごくわずかな差でもズレてきたら世界中の基準がずれる事になってしまい、大変なのです。

 そこで、絶対的な1kgの基準を作ろうではないかと奮闘する世界中の賢い人たちの奮闘の物語が、この本には書かれています。そして、「プランク定数」「アボガドロ数」と言う値が極めて高い精度で求められたことにより、ついに来年から1kgをより正確に規定する事となったのです。

 また、質量以外の単位に関しても、いかに正確にそれを表現するか、同様に奮闘したこれまでの歴史も知ることができます。文明とは、正確に”はかる”ことから生まれるのだ、と思いました。


 
 
スポンサーサイト

ロシアワールドカップを慌てて応援しだす、俄かファン代表 の巻

いや、勝ちました!!
はっきり言って、コロンビアに勝つとは、まったく思っておりませんでした。

まさかとは思いますが何のことかわからない方に、念のため申し上げると、現在ロシアで行われている「FIFAワールドカップ」の事です!サッカーですよ、サッカー。

まったく格上の南米の強豪コロンビアに、なんと我らが日本が、2-1で勝ってしまったんですよ!

2018russia.png

昔は私も、勝った途端に急に応援し出すような俄かファンを、軽蔑していたものです。
ええ。
しかし、今や、私が、その俄かファン代表です!
サッカー経験者の私は、つい昨日まで、「ワールドカップは決勝トーナメントからが面白いんや。」とか言ってましたよ。恥ずかしいですよ。
今や、頑張れ、日本代表!ですよ。手のひら、クルクル返しますよー!

この流れに乗り遅れてはならないと、慌てて、始業前と昼休みを使って「わかばくん・ロシアワールドカップバージョン」を描いてしまいました!

今朝の出勤の車の中は、椎名林檎「NIPPON」RADWIMPS「hinomaru」の繰り返しです!


 

こんな本読みました の巻 ~19~

 毎度、本屋をぶらぶらして気になった本を探すのですが、今回もいつものごとく気になったタイトルの本を衝動買いしてしまいました。
 
 book19.jpg
『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』
奥田昌子・著
2016 講談社

 普段、職業柄、健康に関するアドバイスなどをしたりする機会が多いわけですが、その”情報”は常に更新していかないといけないと常々思います。

 今回ご紹介するのは、そもそも欧米人と日本人では遺伝子レベルでも多くの違いがあるのに、「欧米で受け入れられている」と言う理由で盲目的に「正しい」と思ってはいけないという警鐘の本です。

 さて、一応一通り読んで見ましたが…、単刀直入に申し上げてちょっとイマイチでした。

 この本が大筋として言いたいことは間違ってないように思いますし、それぞれの食の歴史や文化に応じた比較研究を行わないといけない事は理解できます。
 それでもまぁ、そうは言っても、この本の内容は細かな面でいくつも疑問がありました。引用元の研究やデータは正確でも、それらをつなぎ合わせて導き出された結論がどう考えてもおかしいものがあるのです。
 せいぜい「ホンマでっか」レベルの内容な気がします。
 もちろん参考にはなりますし、冷静に考えながら読む練習にはなるように思いました。

 テレビでも本でもネットでも、そこにある情報の信憑性に対して、必ず懐疑的な自分も傍らに置いておかねばならないと感じています(特に昨今のテレビは酷いので)。
 
 

わたしと小鳥と鈴 の巻

 先日、庭先に雀の子供が落ちていました。
 まさに、”落ちていた”感じです。

 毛は生えそろっていて、動いています。
 けがはないようですが、飛べないようです。
 時折羽をバタつかせますが、あくまで歩いている感じです。

 困った。
 野鳥の子供はあまり触れるとよくないと聞いた事がある気がしたので、とりあえずネットで調べてみました。

 すると、色々わかりました。

 毛の生えていない小さな雛の場合は巣から落下した可能性が高い為、ケガがなければすぐに巣に戻してやった方が良いのですが、今回のような比較的大きな雛の場合は、飛ぶ練習をしている最中なので、人間が手を出さない方がよいそうです(ソース)。

 そうやって見てみると、確かに時折親鳥と思しき雀が来ては近くに止まって鳴いています。

 とは言え、いつまで経っても一向に飛ぶ気配のない小鳥。
 やがて空は暗くなり、親鳥もどこかへ行ってしまいました。

 これは、保護した方が良いのか、それともまた親が来る可能性があるから放置した方が良いのか…。幸い気温はそれほど低下していなかったので、買ってきた「鳥の巣」の中にだけ入れ、食べるかどうかわからないけど一応米粒を置いて水も置いておきました。


 そして、翌朝。

 小鳥の姿はありません。周囲を探すと、何と…、何本かの散らばった羽。
 結局、小鳥がどうなったか、わからないままです。
 
 もしかしたら、野良猫か何かにやられたのかもしれません。
 
 果たして、どうするべきだったのか今でも後悔している、とても後味の悪い小鳥のお話しです。
 持ち上げた時の小鳥の温かさを思い出すと、今も少し胸にグッと来ます。

suzume.png 

 空を眺めて雀が飛んでいると、それぞれが一生懸命飛ぶ練習をしたのだなぁと、なんとも感慨深くなります。

 「鳥を飼いたい」と家族に言ったところ、「頼むからやめて」と0.5秒で却下されました。


 

天使を殺す悪魔 の巻

 東京都で、またまたまたまた、小さな子供が虐待によって殺されてしまいました。今度は、5歳の女の子です。殺人犯は、船戸雄大、船戸優里と言うらしいです。(ソース)。

 私は、子供の虐待と言うのは、何よりも、はらわたが煮えくり返るぐらいに許せません。親にも事情が、生い立ちが、精神的に、云々と情状を鑑みようとする人がいますが、はっきり言って、子供を虐待している親の事情なんてどうでもいいです。
 
 親にしか保護を求められない何の罪もない子供が、その親の裏切りによって地獄の苦しみを味わう事が許せません。こんなの、「保護責任者遺棄致死」ではなく、「殺人」です。
 できることならば、親や関係者を同じ目に遭わせて苦しませる刑を導入してほしいと願っています。

 学生時代、児童相談所で泊まりのアルバイトをしていた時に、虐待で保護されてくる子供をたくさん見ました。どんな目に遭おうとも子供は親に会いたいと言いました。大人への愛情の求め方が屈折して、攻撃的になる子達もいました。すべて、大人の責任です。

 私は、何年か前から「オレンジリボン」に寄付しています。キャンペーンや広報活動で子供が救われるとは到底思えないのですが、もしかして、一人でも子供を助けるための手伝いになれば、と言う思いです。

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

tel_sp.png

 ここまで読んでくださった方へ、なんだか、怒りばかりでとても感情的で不快な文章になっている事をお詫びいたします。
 子供が、笑顔になれる世の中になってほしいです…。 

children.png

 

あのお方は誰だ の巻

全然医療や介護とは関係ないのですが(…と言うか、このブログはそんなのばっかりですが…)、本日6月1日から「司法取引制度」と言うものが始まることをご存知でしょうか。

司法取引。

海外の刑事ドラマなんかで時々出てくる、あれですね。

 『おい、この事件はお前が主犯じゃないだろう。』
 「…」
 『お前は、ただの実行犯で、お前にこれをやらせた黒幕がいるはずだ。』
 「知らねーな」
 『司法取引だ。黒幕の名前を言えば、罪を軽くしてやるぞ』

みたいなやつです。

crime.png

 実際には日本の場合はいろんなややこしい条件などがあるので、海外ドラマのような簡単なものではないようです(ソース)。

 ともあれ、世の中の情勢に合わせて色んなことが変わっていくので、薄くでも知っておく必要があるかと思い、一応書いてみました。

 「お前が黒の組織の一員なのはわかっている。さぁ、罪を軽くしてやるから、”あのお方”の名前を言え。」 
 
 あぁ、なんて取り止めのない、些末な金曜日の文章。

 犯罪者どもが、住みにくい世の中になりますように。