乗れ!スラックライン の巻

 スラックラインをご存知でしょうか。

 木と木の間に伸縮性のあるロープを通してその上に乗ってバランスをとったり歩いたり、上級者では飛んだり跳ねたりする、いまじわじわと流行っているスポーツです。

line.jpg 
つまり、こんなやつです。

 もともとはクライマーが、手持ちのロープなどを使って体幹を鍛えるために山で始めたのが最初だと、こないだ友人に教わったばかりの知識をひけらかしてみます。
 
 さて、先日そのスラックラインを購入(ノーブランドのお値打ちなもの)してみました。

IMG_20170827_094956.jpg IMG_20170827_092608.jpg
さすがに家に木はないので、駐車場の鉄骨を使用してロープを張ってみました。
思ったよりも簡単に設置が完了しました。

さて、皆で挑戦してみました。

これがなかなか難しい。乗るだけでも大変。
IMG_20170827_093030.jpg IMG_20170827_094432.jpg
とかく体幹の活動性が低い息子にも、ちょうど良い運動です。

ちなみに私は、立つことすらできません。

スポーツの秋、何か始めようかと思っている方、いかがでしょうか。
スラックライン。



 
スポンサーサイト

わかば 処暑の防火訓練 の巻

bouka.jpg
防火管理者であるスタッフT氏の指導の下、防火訓練が行われました。

消火器の使い方や、通報のやり方など、改めて職員で確認を行いました。

DSCN2622.jpg
消火器を囲んで、思い出を語る会。

DSCN2627.jpg
火災報知器を押すのはどの指かを考える会。

DSCN2630.jpg
いかにすばやく火災通報用専用電話をとるかを競う会。

 写真の解説は冗談ですが、実際はきちんと真面目に講習しましたよ。

 事前にリスクに関してきちんと考え、いざとなったらどう動くかを頭の中で予めシミュレーションしておく事が、いかに大切かを改めて感じました。


 




 

大阪夏の陣 の巻

 8月19日(土)~8月20日(日)
 訪問リハビリの研修のため、近鉄急行(特急は懐事情により断念)を乗り継いで、はるばる大阪まで行ってまいりました。
 大阪の地理がまーったくわからなかったのですが、方向音痴な私も、どうにか時間までに目的地である「大坂城公園」までたどり着く事に成功しました。

 とりあえず少し時間があったので、公園内を散歩する事にしました。
osaka1.jpg osaka2.jpg
大坂城が見える!
秀頼さま、ただいま参上仕りますぞ!

くそ暑い中、導かれるように天守閣へ向かいます。
osaka3.jpg
あぁ、これが大坂城天守閣かぁ…。感動しました。
ただ、遠くにエレベーターが見える。
内部は博物館と化している模様。 
秀吉が見たらどう思うだろうか…。

osaka4.jpg
さて、公園の向かいにそびえたつこの美しい巨大な建造物こそ、今回の目的地。
その名もクリスタルタワー

ちなみに、私にとって「クリスタルタワー」で連想されるのはこれです。
christal.jpg
©SQUARE ENIX

研修はクリスタルタワーの20階会議室にて開催されましたが。
そこからの景色はこんな感じです。
osaka5.jpg
先程近づいた天守閣が見えます。

osaka9.jpg 
さて、一応、きちんと研修した証拠を。

夜はなんば駅近くのカプセルホテルに泊まりました。
カプセルホテルって、すごいですね。
たたみ一畳分ぐらいのスペースに、高さ1m程度の空間しかないのです。
osaka7.jpg osaka8.jpg
テレビも電源もあり、まったく不自由はありません。
温泉もあって、設備も整っていて、思っていたより快適に眠れました。

ただ、独特の大阪の街へは、とても繰り出そうと思う勇気が持てませんでした…。

とにもかくにも、研修で身に付けた事を、少しでも日常の業務の中で
利用者さんに対して還元できればと思っています。

ちなみに同様の研修をあと2回行わねばなりません。


 

夏祭り特別食ができるまで の巻

朝、我が家のポストにこんなものが届いていました。
kyohaku.jpg
 そう言えば、「夏祭りの際の特別食に関して後日ブログに書く」と言ったっきり忙しくてさっぱり忘れておりましたが…一体誰がこんな卑劣な事を!!!

 家へ帰って早急に祖父(要介護3)の風呂介助をせねばならない私なのですが、息子の命には代えられないので泣く泣くこれを書いています!

写真が40枚以上あったので、やむを得ずgifファイルにしてみました。

まずは前半、「材料」を用意してから「薄焼き卵」までです。

1枚目の画像はこれ ⇒1 冷やし中華材料

 
hiya gif1 

gifにすると目がチカチカする…。
申し訳ないです。

あ、ちなみに頻繁に出てくる「まとめるこ」と言うのはこれです。
matomeruko.jpg 


では、完成までの後半です。
「人参の登場」からです。

1枚目の画像はこれ ⇒23 人参重量確認

hiya gif2 

 
 いや、いつもながら素晴らしい出来栄えの特別食(普段もご馳走ですが!)ですね。
 年々、グレードがアップしているような気がします。

futsusyoku hiyashi
ちなみにこちらが、普通食です。


よーし、書き終わった!
じいちゃん、今から風呂入れに行くぜ。

 
続きを読む

お盆と家族 の巻

 お盆と言う事で、普段なかなか忙しくておみえになれないご家族さんも、施設にいらっしゃいます。お孫さんや、かわいらしいひ孫さんも、御見かけします。
 廊下まで聞こえる笑い声が、微笑ましいです。
 
bon.jpg 
 
 そしてまた、「あぁ、そう言えば今日はお盆だったなぁ……」と改めて感じる瞬間でもあります。

 お盆は、ご先祖様へのお墓参りも忘れずに…。
 bon2.jpg 
 
 
 

夏だ!キャンプだ! の巻

 週末に、「青川峡キャンピングパーク」と言う所へ家族でキャンプに行ってきました。IMG_20170805_164901.jpg IMG_20170805_134910.jpg


 いなべ市は北勢町、国道からわずか10分ほど走った山間の川沿い、このキャンプ場は忽然と表れます。
IMG_20170805_165042.jpg

 3ヶ月前の10日からネット予約が開始になるのですが(つまり、8月1日~8月31日の予約は5月10日開始)、ここは非常に人気のキャンプ場なので、土曜日の予約などは予約開始日の午前0時を過ぎてすぐに予約が一杯になると言う恐ろしい場所です( ゚Д゚)

 キャンプ場は区画ごとにきっちり分けられた「プライベートサイト」、開放感のある「オープンサイト」、川に隣接した「水辺サイト」、その他「コテージ」「トレーラーサイト」など充実しています。 設備も管理も行き届いていて、家族向けや我が家のようにキャンプ初心者にはありがたいです。

 難点は、値段が高い事ですね…。サイト料金(ハイシーズン\6,000)に、更に人数分の施設使用料がかかってくるのです(大人2人+子供2人で行くと追加\3,000)。

 夏は土曜日に「青川シャワーウォーク」と言うものが開催されていて、青川に流れ込む支流を歩いて上っていくイベントに長男次男と私3人が参加(別料金\1,000/名)。
 2m近くの滝を上ったり流れの速い所を進んだり倒木をくぐったり。
 全身びしょぬれになるためカメラも持って行けなかったのが残念ですが、頭上を覆う木々の間からスーッと水面に太陽の光が伸びる光景は、神秘的でした。
 次男と私は帰ってきて靴を脱いだら、ヒルに吸われて血が出ていましたが。

IMG_20170805_183443.jpg
愛用のcoleman焚火台。
BBQコンロと兼用で荷物軽減。
直火NGの場所が多いので必需です。

20170805_183431.jpg
子供たち。
思い出に残してくれるでしょうか。

IMG_20170805_191553.jpg 
colemanガソリンランタン。
テント内はLEDランタン必須ですが、屋外はやはりガソリンですね~!

 「子供の経験のために!」と、インドアな自分を封印して一念発起、今年から宿泊キャンプを始めたばかりの初心者です。
 さて、次はどこへ行くやら!


 

納涼!わかば夏祭り の巻

ちょっと忙しくて更新が遅れましたが、2日(水)は、わかば夏祭りでした。

とは言っても、太鼓が出たり花火があったりと言った盛大なものではなく、あくまで施設内で行うささやかな催しではありましたが、とても盛り上がりました。
nacchan.jpg 
DSCN2417.jpg
柱をやぐらに見立てて。

DSCN2523.jpg 
所長の挨拶 

natsu1.jpg DSCN2535.jpg
職員による盆踊り
DSCN2578.jpg 
かき氷とわたあめで、口を満たします

食事も、美味しそうな冷やし中華ができていましたが、それは別に改めてご紹介したいと思います。

natsu5.jpg
皆で写真撮影です!

 笑いあり、涙あり、入居者さんも一楽しんでいただけて何よりでした。特に、浴衣を来て頑張った職員に対し、惜しみない拍手が一昼夜なり止むことはありませんでした。

natsu3.jpg natsu4.jpg
※プライバシー配慮の為に描き足しただけであり、
実際にドロンジョのお面を被っていたわけではありません。

 さて、次は秋かなぁ。