人間は、考える足でもある の巻

 裸足の良さを学ぶための講習会に行ってきました。講師は、裸足の良さや、本来人間が持っている足から体を作る機能に関して、自らも裸足で生活する事で実践してみえる中京大学の先生でした。

 私は理学療法士ですが、他の分野の専門家の話はまた違った視点であったり気づきが得られるなと感じています。
 今回は、保育園で開催された講習会で、子供の為の足の話を聴く事が目的だったのですが、予想以上に専門的な話で非常に勉強になりました。
kutsu1.jpg
 機能的な靴を履く事によって、現代人は逆に、本来持っていた能力をどんどん退化させてしまったと言う事です。つまり、地面を通して身に付けないといけない身体感覚を、どんどん削ぎ落としてしまったわけです。

 足の構造が出来て、感覚が育つ子供のうちに本当は裸足になってもっともっと走らせる機会を設ける事が、身体にとって必要だと言う話は、もっと多くの親御さんが聴いても良い話だと感じました。

 講習会の後で、真田紐と靴のソールの素材を使用して、自分の足の形に合わせて「ワラーチ」と言う裸足に近い履物を製作しました。
kutsu2.jpg
ワラーチ

 材料さえあれば自分で作る事も可能なので、何とか家で子供の分も作ってやらないと!と思って作り方を頑張ってメモしましたが、ややこしくて途中で描くのを断念した図↓↓
kutsu4.jpg
ワラーチの作り方

kutsu3.jpg
5本足靴と言うものが存在することを、初めて知りました。
©Vibram (HPはこちら)

 靴に頼るのではなく、大人であっても裸足で外を歩き、足は開放してやれば本当はもっと力を発揮するのだと言う事を、改めて勉強しました。

 さて。いきますか。

 靴とかけまして、恋愛と解きます
 その心は…

 はかないのも、時には良いでしょう。


 ……

 ……はい。


 最後に余談ですが、某大手靴メーカーの、「瞬●」と言う人気の子供靴だけは、絶対に避けてください。
 うちの息子は使ってなかったのですが、ちょうどいい具合に「瞬●」を使っている息子の友人が遊びに来ていたので、こっそり失敬して御靴を撮影しました。
 この靴、裏を見れば一目瞭然なのですが、何がおかしいかお気づきになりますか?
kutsu5.jpg
「瞬●」の靴底部分

 左右対称になるはずの靴底が、左右で同じになっています。これは、学校の徒競走の際に左回りが走りやすいように、両側とも靴の左側に荷重がかけやすい構造になっているらしいのです。
 よくよく考えればわかる事なのですが、コーナーを回りやすい構造と言う事は、本来通学などで歩く際には重心が偏り、無意識に脳がそれを修正しようとして姿勢の方が崩れてしまうのです。子供の足の成長の事など、二の次なのですね。

 消費者にここまで見極めて買えと言うのは難しく、企業として情けない話だと思います。
 
スポンサーサイト

このカカオにピンと来たら110番 の巻

 突然ですが、私はチョコレートが好きです。

waka choco 

 30代後半の男ですが、夜な夜な独りで板チョコをチマチマと最小のコマにまで割って、ブラックコーヒーを飲みながらひとかけらずつ食べている時が至福の時であると言う、実に小さい人間です。

 もう食べ終わったと思ってアルミ箔を丸めようとして、チョコがひとかけら残っていて小躍りするような、実に小さい人間です。

 それはともかく、今回は、チョコレートに関して書きたいと思います。

 チョコレートは「カカオ」から作られますが、「カカオ」は、「カカオマス」「カカオバター(ココアバター)」になります。いわゆるポリフェノールなんかを含んでいるのが「カカオマス」で、脂肪分が「カカオバター」です。

 さて、ここでチョコの品質にとって問題になってくるのが「カカオバター」の方です。実はこれは、安価な「植物油脂」と言う脂肪で代用できるのです。
 この「植物油脂」がクセ者で、”植物”と名前があるのでさも体によさそうですがとんでもない。「食べるプラスチック」の異名を持つような、非常に体に有害な物質です。
 choco.jpg 
 消費者の健康よりも自社の利益が優先である企業からすると、カカオバターよりはるかに安価で作れ、口当たりが良くなる「植物油脂」は、非常にありがたい製品なわけです。

 さて、この度、100円ほどで買える大手3社の板チョコの原材料表記を比較してみました。

【明●チョコレート】
 砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、レシチン(大豆由来)、香料
choco mei 
【森●チョコレート】
 砂糖、カカオマス、植物油脂、全粉乳、ココアバター、ホエイパウダー、バターオイル、乳化剤(大豆由来)、香料
choco mori 
【ロ●テ ガ●ナチョコレート】
 砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター植物油脂、乳化剤(大豆由来)、香料
choco lot 

 これを見ると一目瞭然、「明●チョコレート」だけが「植物油脂」を使用していません。昔は森●も使ってなかったらしいのですが、今や「ココアバター」よりも「植物油脂」の方が多く含有する有様。こっそり品質を落としているようではダメですね。ロ●テは元々こんな感じです。

 高いチョコを買うならそりゃ品質も良いに違いないですが、消費者としては安価でも品質を担保している企業の商品を買ってあげたいですね!
 

雪の降りたるは言ふべきにもあらず…!? の巻

 三重県北勢地方は、すさまじい雪に見舞われてしまいました。
 
 昨日の昼過ぎにちょいと晴れ間が出ていたので油断してしまいましたが、あっという間に西の方から雪雲が流れてきて、また雪空に逆戻り。
 昨日雪かきしたはずの庭は、すっかり元通り。朝から車を出すのに雪かきで30分かかりました。

IMG_20170116_073449.jpg
ここは雪国か!国道421号

IMG_20170116_082757.jpg
訪問車は、こんな状態に
まるで選挙カー。

IMG_20170116_081121.jpg
朝の最初の仕事は雪かき。

 まさかここまで積もるとは。
 別駐車場は完全に雪に埋もれてしまい、稼働する車は2台。

 訪問も、職員の事故防止を優先して、場所によってお断りせざるを得ない状態になってしまいました。皆様にご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした。

tenki.png yuki.jpg
©気象庁 現在13:45 狙った様に横たわる雲。まるでやむ気配のない雪。

わずかばかりの晴れ間が、本当にありがたく感じます。
太陽って、こんなに大切な存在だったのですね。
amanoiwato.jpg 
そろそろお出ましくださいませ…
 

梅に鶯 の巻

「梅に鶯(うぐいす)」という言葉があります。

梅といえば初春の代表的な花であり、鶯は、言わずと知れた「ホーホケキョ」と春を告げる鳥。ここから、「梅に鶯」とは、「相性の良い組み合わせ」の事を指します。

umeuguisu.jpg 
花札の「梅に鶯」

では、実際の鶯はどんな鳥でしょうか。
さて、下の写真、片方は「メジロ」で、片方は「ウグイス」。さて、どちらが「ウグイス」でしょうか??
uguisu.jpg mejiro.jpg 
【wikipediaより引用】

 一般的に、ウグイスのイメージは右側ではないでしょうか?
 鮮やかで、いかにも綺麗な声で鳴きそうです。
 ええ、そうです、つまり正解は、右ではなく左の鳥と言う事です。茶色い方です。

 「ウグイス色」というと、こんな色や、ともすればこんな色を浮かべませんか?

 ウグイス色は、実際にはこれ→→←←です。(カラーコード#706C3E)
 やはり、意外に茶色いですね。いや、めっちゃ地味ですね。

 そんな地味さもあってか、よく、
「ウグイスは山にいて、実際には梅の木には止まらない。梅に止まるのはメジロ。「梅に鶯」は誤りで、昔の人が色の綺麗なメジロを見てウグイスと間違えたのだ。」
 と言う人がいますが、はっきり言って、合理的、論理的にばかり頭を働かせている知識偏重の現代人ならではの、傲慢な思考回路の賜物だと思います(林お●む先生も以前上のような解説をしていました)。

 現代人より遥かに自然と息を合わせて生きていた日本人が、鳥の見分けや声ごとき分別できないわけがないのです。
 「梅に鶯」とは、「滅多にない縁起の良い取り合わせ」を表現した比喩に過ぎないわけです。日本人が、豊かな言葉の真意をくみ取れず、表面でしかそれを解釈できなくなったのは悲しい事です。


 蛇足ですが、古の日本人の感性を尊敬している私から、最後にクイズです。

「梅に鶯」と同様に、「相性の良い組み合わせ」を埋めてください。
 1.柳に(   )
 2.牡丹に(    )
 3.松に(   )

わかりましたでしょうか??
正解は一番下です。



↓↓↓




正解
1.燕 2.唐獅子 3.鶴



 

成人式に物申す の巻

 ふと、2度目の成人式を迎える年が近づいている事に気づき、今更ながら時の流れの速さに身震いしております。

 ところで、成人式で新成人が酒に酔って暴れている報道を見るといつも思う事があります。

 それは、わざわざ暴れそうな所へ出向いて行って、一部のおかしな集団をカメラに収めて「新成人が暴れていまーす」とやるお決まりのワイドショー、いい加減に止めたらどうなんだろう、と言う事です。
seijin.jpg 
「ご覧ください、新成人が暴れています」の図
 
 これに限らず、ある結果が出る事を前提とした上で、恣意的に作られるテレビの欺瞞に惑わされてはいけないなと、つくづく思います。 
 
 ちなみに、そんなテレビを作っているお偉い世代の方々が若かった時代、ヘルメット被ってマスクして「革命だー」なんてやって暴れまわっていた姿の方が、30代の私には遥かに奇異だったりしますが。

 ともあれ
 新成人おめでとうございます!

 

わかば4コマ漫画②「多職種協働」 の巻

4koma02a.jpg
この漫画はフィクションです。万が一登場人物が実在の人物と似ていたとしても、名前が同じだったとしても、驚くべき偶然に過ぎませんのでご了承ください。
「多職種召喚」は高度な召喚魔法のため、すべての職員が使えるわけではございません。

 

恭賀新春 H29 の巻

新年あけましておめでとうございます!
home_newyear2017b.png 
 ”何か縁起が良いものを”と思い、定番の七福神を描いてみました。多くは龍の船首が飾られる宝船は、干支にちなんでにしてみました。  描くにあたって、7人の色のバランスと、船に乗る神様の重量的なバランスが難しかったです。

DSCN1831.jpg DSCN1830.jpg DSCN1825.jpg
 わかばにはめっぽう腕の立つ職人が一人おりまして、介護業務の合間に黙々と季節の飾りを作り上げてしまうのです。安い素材で、高いクオリティの物をいつの間にか完成させているので、皆がいつも驚きます。
 お越しの折は、ぜひあちこちの飾りをご覧下さい。

DSCN1827.jpg DSCN1826.jpg
これらはさすがに購入したものです。

DSCN1832.jpg DSCN1829.jpg
 冒頭のように七福神を描いてみた勢いが余って、新たに個別で七福神を描いてしまいました(「仕事しろよ!」by所長)。
 ただいま、”七福神めぐり”なるものを行っています。施設内に7人の絵と説明書き、ご利益が書かれておりますので、こちらもお越しの際は全てご参拝いただきますようお願いいたします。すべて見つけていただくと、きっとご利益があるような気がしなくもないような、そんな雰囲気です。

 それでは、どうぞ本年も何卒宜しくお願い致します。皆様にとって実り多き年でありますようご祈念申し上げます。