時代は回る の巻

37歳、ケーキ作り7回目の挑戦。
何週間か前に作った際は、気持ちが乗らず、まるで頭が回らず段取りもめちゃくちゃで、まともな作品になりませんでした。

もうやめよう。
何度もそう自分に言い聞かせましたが、Amazonでうっかり買ってしまったターンテーブルが、「一度ぐらいは俺を使え」と催促します。
ケーキ用ターンテーブル 596円
IMG_20160724_193026.jpg 

仕方がないので、作ることにしました。
IMG_20160723_220359.jpg


スポンジ焼き上がり後
↓↓↓

しかし、なんだろう、スポンジがさっぱり膨らまない。
僕のやる気に相関して、どんどんしぼんでいる気がします。
IMG_20160723_224549.jpg

中とサイドの飾りつけを行ったところで面倒になり、
天井のホイップは息子どもに託しました。
いちごが売ってないので、フルーツは缶詰みかん
IMG_20160724_071501.jpg IMG_20160724_072216.jpg

ミカンが甘いのでホイップの砂糖の量を減らした事は奏功して、味はまずまずでした。
ただ、焼き時間を5分延ばしてみたのが災いしたのか、しっとり感がなくて、課題が残りました。

それにしても、ターンテーブルはホームセンターでは1200~1500円はしますが、600円の本商品でも全く問題なく使えました。
パティスリーわかば 開店までの道はまだまだ遠い。
 
 
スポンサーサイト

かき氷より冷ややか の巻

東海地方では、いよいよ梅雨が明けました。
すっかり夏の到来といった陽気です。

とにもかくにも暑いので、かきの絵を描いてみました!


・・・え?

いえ、仕事はきちんとやってますよ、所長。

ほんとです。合間にちょっとずつ描いてるだけなんです。はい。

訪問も行ってますよ。もちろんです。

・・・と、こちらごとで失礼しました。
気を取り直して、かき氷の絵ですが、せっかくなので、描いていく流れもご紹介したいと思います。

どのwindowsのPCにも入っているアプリケーション「ペイント」にて、ペンタブレットを使って描いていきます。

ペイントを開くとこんな感じ。
paint0.png
とりあえず器を。
paint1.png
氷とスプーン。
paint2.png 
お盆も付けます。フリーハンドなので歪です。
paint3.png 
さて、ここから色を塗っていきます。
個人的に好きないちごにします。
paint4.png 
シロップがしみ込んだ感じも出します。
paint5.png
スプーンと器に光沢を描きます。
paint6.png 
シロップにも陰影をつけてみます。
paint7.png 
お盆にも色を塗って影を付けて立体的に。
paint8.png 
氷部分のアウトラインを消します。
器と対比してふんわり感が出ます。
paint9.png 
定番の旗を付けて完成。全部で15~20分ぐらいです。
paint10.png
おまけ
続けて動かすとこんな感じです↓↓
1469061225oh5p7RNWmLgA2IY1469061220.gif 


・・・え、
いや、所長、まだいらしたんですか・・・。

ほんとに、仕事してますって。
合間に、少しずつ描いてるだけで、はい、そうです。

あ!時間です。
訪問行ってきます。ええ、行きますとも。忙しいんですよ。

絵を描くだけが能の、お荷物社員Sの運命はいかに・・・。
社内の目は、かき氷よりも冷ややかだ。
 

届け!わしらの一票 の巻

touhyou.png

非常に今更な話で大変恐縮ではございますが、選挙のお話です。
障害により投票が困難な方の「郵便等による不在者投票」に関してのご案内です。

介護度の重いご家族を抱えてみえるご家庭の方はとっくにご存知の事かもしれませんが、どうしても投票に行けない場合、郵便による投票が可能です。

ただし、以下のいずれかをお持ちの方に限ります。 touhyou1.png

手続きに少し手間がいるのですが、
簡潔に言うと

1.「郵便等投票証明書」を申請する(申請書+身障手帳or介護保険証)
     
2.「投票用紙」を請求する(郵便等投票証明書+請求書)
     
3.郵送にて、投票

です。もっと詳しく言うと、以下の通りです。

①名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会(以下「選管」と記載)に、「申請書」「上記の手帳or保険証」を提出します。
※朝日町はHPに書式なし 
申請書には、本人署名が必要
②選管から、「郵便等投票証明書」が送付されます。
     一度交付を受けると、7年間有効です(要介護の方は認定期限まで)
③選管に、「郵便等投票証明書」「請求書」を提出します。
  請求書書式はこちら▶▶【いなべ市】【東員町】【菰野町】 
※桑名市、朝日町はHPに書式なし
  選挙期日の4日前までに提出してください。

④選管から、「投票用紙」「投票用封筒」が送付されます。

「投票用紙」に候補者名を記載、「投票用封筒」に入れて郵送します。
投票用封筒の表には、本人署名が必要です。
投票は、選挙公示日翌日~投票期日前日の期間内のみ可能です。
  

以上で、投票完了です。

また、代理投票と言う制度がありますが、こちらは「上肢、視覚の障害」がある方に限ります。
 

どら焼

どら焼を作ってみました(*^^*)

パンケーキとは少し違う配合で作っているので、焼き上がった生地は薄いです❗

あんこは市販のものなので手間は掛けてません(゜∇^d)!!

唯一大変だったのは焼くところ。

片面1分30秒、両面で3分…

10枚以上焼いたのでざっと30分以上、ひたすらひっくり返しながら焼きました(*_*;

子供には「お店より美味しい」と言ってもらえましたが、今後作るかは全くの未定です…

 

七夕の願い

小2の三男が学校で書いた七夕の願い。

欲しいもの…身長

大きくなれるといいね(*´ω`*)

 

亭主元気で留守がいい の巻

 七夕ですね。

 さて、「七夕」と書いて「たなばた」と読むのはなぜなんでしょう。
七夕について、ちょっと書きたいと思います。

 上巳、端午と同様、7月7日も節句なわけで、これを「七夕(しちせき)」と言うそうです。

 また、神事として、機織りでこさえた着物を棚に祀って神様に豊作を祈る行事があったそうで、これを「棚機(たなばた)」と呼んだそうです。

tanabata.png

 仏教が入ってきてお盆の意識ができると、お盆前にこの機織りの行事が行われるようになり、それが節句と結びついて「七夕(たなばた)」となったようです。

tanabata5.png

 また、もともとは織物の技術向上から、五色の糸を飾っていたそうですが、寺子屋での書字上達を祈願して短冊に字を書いて飾るようになり、それが今に繋がっているようです。

tanabata6.png

 ちなみに五色というのは、、黒の五色です。中国の陰陽五行から来ている色で、それぞれに意味があるそうですが、割愛します。
 字を書くのに黒は不便なのであまり見かけないですが、代用としてもあるようです。

tanabata7.png

 同じく7月7日に、中国には「牽牛織女の伝説」があります。織姫と彦星です。
さらにこれと日本の七夕が結びついて、今みたいにごちゃ混ぜの行事ができたのだと思います。
 ちなみに、七夕のことを「星合(ほしあい)とも呼びます。素敵な名前ですよね。

tanabata3.png

 余談ですが、平安時代などの陰陽師は、非常に緻密に空を観察し、その微細な変化を正確にとらえて異常気象やさまざまな事を予言したりしたそうです。科学に勝る叡智ですね。
 巨大な望遠鏡を持つ現代人よりも、あるいは空のことをよく知っていたのかもしれません。

 なんにしても、毎日顔を突き合わせてるから喧嘩になったりするわけで、一年に一度会うぐらいが、夫婦も円満なのかもしれないなぁと心の中で思っています。
 

車いす体験

7/2深谷教育集会所での『車いすを体験しながら』という講座に親子で参加してきました。

車いすで生活されている方のお話や車いすの乗り方、介助の仕方などを教えていただきました(*^^*)

子供達は初めて車いすに触りました。

ドキドキしながら乗っていましたが、歩くのとは違ってスペースがないと移動が出来ないこととか、少しの段差があると進めないとか色んな事に気付く事が出来ました❗

講義の中で、“バリアフリー社会”を実現するために4つのバリアを取り除かなければならないというお話がありました。

①“もの”のバリア

②“せいど”のバリア

③“じょうほう”のバリア

④“こころ”のバリア

そして、④のバリアが無くなれば残り3つのバリアも無くせると言われていました。

障害があるとかだけでなく、色んな人がいて当たり前と、大人の意識が変わることが大事なんじゃないかと感じました。


barrier00.png 


その大人を見て子供は学んでいくので…

来週はショッピングセンターで車いすに乗って実際に買い物体験をします(*≧∀≦*)

ぶっちゃけ、子供達はこっちの方が楽しみです(笑)

あと、今回の講座を担当された教育委員会の先生が去年長男の担任だった先生で、会えるのをとても楽しみにしていました。

なのに挨拶しかしてなかった(^_^;)

照れ屋な長男らしい。