移乗上手 の巻


比較的ベッド上で過ごされる事が多い方のお宅にリハビリで訪問させていただくと、ベッドの高さに無頓着な方が少なからずおみえです。
たまには専門的な話も書かないと所長に怒られるので書いてみたいと思います

移乗について


屋内車椅子移動の方は、ベッド⇔車椅子と言う移動(移乗)が不可欠になります。

そこで問題になるのが、車椅子の高さと、ベッドの高さの差です。
自走を想定してない場合、車椅子はクッションを入れるとだいたい50cmぐらいになります。

zamen3.png


介助にて移乗を図る場合、低い場所にある人を高い場所へ移すと言うのは「持ち上げる」介助になってしまい、エネルギーを浪費してしまいます。

 zamen4.png

そのため、ベッド→車椅子へ移る場合は、ベッド高を車椅子座面と同じぐらいまで上げる必要があり、逆に車椅子→ベッドへ移る場合は、ベッド高を車椅子座面より低いか同じぐらいまで下げる必要があります。


ところが、ベッドから車椅子へ移乗させる際にベッドを上げすぎると、小柄な方の場合、ベッド高が車椅子座面の高さに到達する前に足が付きにくくなる事があります(車椅子の座面高はフットレスト高も考慮してあるため)。
とは言え、ベッド高を下げると、介助者が腰を落として持ち上げる介助を要するために介護負担が大きくなります。

  zamen8.png zamen6.png
     上げすぎ                 下げすぎ


そこで、

できれば下の絵の様に足台を置いてもらうことをお勧めします。これにより、ベッドから車椅子へ移乗する際にベッド高さを確保できるため立位がとりやすく、介助者も姿勢を保てるので負担が少ないです。

zamen7.png

また、引き上げ介護の場合は一気に移さねばならないためにどうしても全介助になりやすいですが、台を使って介助側に余裕ができる事で本人の立位を待つ事ができ、力を入れてもらうことでリハビリになりますよ!

もちろん、車椅子からベッドへの移乗でも台を使用してください(その際はベッドは少しだけ低めに)。

【蛇足】
台は10cm程度で可(フットレストの高さぐらい)。
安価でおすすめなのは、100円ショップで発泡スチロールブロック(¥200/個)を2個購入して発泡スチロール用接着剤(¥100)で接着し、滑り止めマット(¥100)を上面と床面に張り付けて、こんな感じのを作るとバッチリ使えます。合計¥648(税込)
DSCN1459.jpg
このブロック、なんと1個で100kgぐらいの荷重にも耐えられるようです(・・・が、いかんせんMade in Chinaなので、長期使用で少しでもヒビなどが出てきたら交換を!)。また、端っこを踏むと割れますので、真ん中に荷重するようにしてください。
 
スポンサーサイト

フリーペーパーの懸賞は割と当たる の巻

コンビニに置いてあるフリーペーパーを手に取ると・・・

DSCN1462.jpg
何と、弊社代表の伊藤が、表紙に出ております
フリーペーパーに求人広告を出したとは聞いておりましたが、まさか表紙まで飾っているとは。

しかし、

「いやいや、表紙の写真でマスクはダメでしょう!!」
と、職員からの評価は「納得できない」が舛●都知事並みの9割超。

circle.png

次回があれば、改善を求めます。

ともあれ、さっそく中を見てみますと、おお、ありました。
DSCN1467.jpg
こんなに大きく広告が!
DSCN1463.jpg
内容や待遇などはこんな感じです。
利用者さんへ真心こめて対応ができる方、ぜひぜひお越しください!!

三重県北勢地区の皆さん、ぜひともあちこちでフリーペーパー「JOINT MIE」を探してみてください。
DSCN1427.jpg
待ってまっせ~!
撮影:伊藤所長


 

火を弄ぶ人間が、どうしても許せないんだ の巻

203号室から火災発生!!


と言う想定で、マ・ファミーユわかば内で消防訓練が行われました。

emergency.jpg

消防署より2名の職員が来て下さり、実際の避難手順や、設備の使用方法について細かく確認していきます。

DSCN1449a.jpg DSCN1446.jpg

DSCN1447.jpg DSCN1448.jpg
能面はプライバシー配慮のため描き込んだもので、実際には被ってません。


DSCN1455.jpg
これを読んでいる皆様は、消火器の用意、そして設置場所の把握はしっかりできていますか?!


施設となると、最も重要な問題は、利用者さまをいかに安全に避難誘導するかだと思います。
マ・ファミーユわかばは介護度の大きい方をお受けしている特性上、歩行が困難な方が多いのが実情です。エレベーターを使用できない中で、いかに入居者を安全に外までお連れするかという想定が非常に重要だと感じました。

DSCN1454.jpg

DSCN1453.jpg

DSCN1452.jpg

もちろん、何より重要なのは、徹底して火災を未然に予防する事なのは言うまでもありません。

「火元は、お前だ!!」
kurenai.jpg


 

膨らめ!膨らむんだ! の巻

性懲りもせず、スタッフS37歳♂、ケーキを作りに挑戦しております!実にこれで4回目の挑戦です。

前回、卵の混ぜ加減や、小麦粉投入時のミスなど幾多の失敗をしたことを踏まえて、今回はYou tubeで「気泡を潰さない撹拌の仕方」をしっかりと研究し、深い瞑想と、過酷なイメージトレーニングの末、いよいよ作成にかかりました。
手もしっかり洗いました。

その結果・・・

↓↓↓

cake0.png
スポンジケーキの完成!

どうでしょう。これは、なかなか良いんじゃないんでしょうか!

ちなみに、3月に初めて作った時のスポンジケーキはこんな感じでした。
KC4D0013.jpg
それが、4回目で
cake0.png
これですよ。
いやもう、逆に、型通りで可愛げがしないですね。

この後、水分が逃げないように濡れキッチンペーパーを巻いて一晩じっくり寝かました。

翌日

さて、あれやこれやデコレーションをして、仕上げに三重県産いちご「章姫」を惜しげもなく乗せて・・・


↓↓↓

ついに・・・


完成!

IMG_20160508_085947.jpg cake.png
ドドーン!

ちょっと切り損ねたのが悔やまれる・・・

いや、だんだん面白くなってきました。飽きるまでもう2、3回はやりまっせー。
嫁さん呆れつつ黙認。
 

端午の節句 の巻

本日は、端午の節句
と同時に、本日は「立夏」。暦の上では今日から夏というわけです。
新緑を揺らす風が、初夏の爽やかさを一番乗りで伝えてくれたような、そんな心地良い日ですね。

もちろん、マ・ファミーユわかばも、今日はちらしに天ぷらにとご馳走です(いつもご馳走ですが!)。
こどもの日
端午の節句特別

こんな素晴らしい料理をつくった、本日の調理スタッフをご紹介したいと思います。

↓↓↓

この方たちです!!
chef.jpg

↓↓↓


end.png

 

九州旅行

看護師Fです('ω')ノ

4/28~5/1 家族で九州旅行に行ってきました。

行きは“フェリー さんふらわあ”で、帰りは車で(*´ω`*)

予定を立てたのは3月初め。

熊本地震があり中止するかと思いきや、キャンセルせず( ̄0 ̄;

この時期に行くことに罪悪感のような抵抗があり私はモヤモヤしていました。でも子供たちはフェリーに乗れることにワクワク。

なかなかモヤモヤ感が取れなかったのですが、29日九州の高速道路が全線復旧されたというニュースを観て気持ちが少し変わりました。

九州に行くことで間接的に復興の手助けになるんじゃないかと。

鹿児島~熊本~福岡と九州縦断し、関門橋を渡って広島焼きを食べて帰ってきました。

色々ありましたが、子供たちと良い思い出ができました(*≧∀≦*)