いまさらながら、節分 の巻

 いまさらながら節分の記事を書くとは「おいおい、さぼってたな」と思われそうですが、それは違います。
 節分に現れた鬼にやられた全身の傷がようやく癒えたので、やっと書き込めるようになっただけなのです。

 そう、今年も、例のごとく『マ・ファミーユわかば』に、赤鬼が現れました。
身の丈は7尺5寸(約230cm)。陰陽の転ずるこの時期を逃さず、地響きと共に奴は降り立ちました。
setsu2.png
この写真の撮影に成功したスタッフは、こん棒の餌食に。

入居者が集まっていた食堂にで、鬼は大暴れ。
setsu1.png
入居者をかばい、職員が次々と倒れていく。

setsu3.png

このままでは、このままではまずい!
打つ手がないのか…

いや、そう言えば…
setsubun.png
そうだ、僕らにはがあったんだ!


setsu5.png setsu4.png
豆の一斉射撃。
5時間半に及ぶ豆の投擲により、ついに赤鬼は崩れ落ちた。

setsu6.png
かくして鬼は去ったのでありました。

めでたしめでたし。



【おまけ】
setsu7.png
 
スポンサーサイト

鬼の出る季節 の巻

setsubun2018.png  

くりすますモード の巻

DSCN2840.jpg
マ・ファミーユわかばでも、クリスマスの準備が着々と進んでおります。

職員渾身の飾りつけも、壁の方々に整ってまいりました。
DSCN2912.jpg

DSCN2914.jpg

DSCN2915.jpg


今年も恒例のクリスマス会があります。
  xmas2017.jpg
サンタさん、よろしく頼みます。
 

いざ、いなべ事業所 の巻

 桑名事業所(サービス付き高齢者向け住宅マ・ファミーユわかば内)に勤務している職員は、基本的に桑名周辺の訪問に出ることはあれども、昨年度移転した員弁事業所へ行く事はほぼありません。
 
 ところが、員弁地区の訪問リハビリが忙しくなってきたことにより、前例を打ち破って私が桑名より応援に行く事になりまして、初めていなべ新事業所を訪れることになったので、満を持してリポートしたいと思います。

 員弁の事務所は、こちらです。以前は写真館だったようで、「フジカラー」のおなじみの看板がまだ残っております。
IMG_20171124_084622-777x1036.jpg

『スタジオ 四季』の片鱗が残っている、なんともおしゃれな事務所です。
 IMG_20171124_084745-1036x777.jpg IMG_20171124_084609-777x1036.jpg

 写真をちょっといじってみた。
 知らない人がみたら、なんと斬新な訪問看護ステーションだと思うことでしょう。
office.jpg 


 さて、入ってみると、驚き。
 なんと、1階はまったく使っていないという、予想外の大胆な配置。
IMG_20171124_084432-777x1036.jpg
何というか、ただ、もったいないの一言。

左側の階段をのぼっていくと…
IMG_20171124_084349-777x1036.jpg

いよいよ、事務所が現れました。
IMG_20171124_083507-1036x777.jpg
これだけみると、普通の事務所。

調子に乗って、奥へ行ってみますと、


IMG_20171124_083526-777x1036.jpg
謎のスペース。
撮影スタジオだったのだろうか。

IMG_20171124_083540-777x1036.jpg
奥の扉を開けると、これまた謎の△のベランダが。
蛍族にはたまらない空間か。

 あまりに広い。無駄に広い。かつては活躍していたであろう部屋も今は閑散としており、本来の用途を果たせずに消化不良になっているような建物は、夜に一人で帰ると、はっきり言ってやや不気味ではあります。
 ”見える人”は、上の写真に何か”見えて”も、決してご指摘にならないようお願い致します。

 また、お近くへお越しの際は寄ってみてください。 
 

今日もご飯がおいしいよ の巻

今日は、明治節(文化の日)と言う事で……

あ、…
……、何ですか?

厨房のチーフであるDさんが、こちらへ近づいてみえました。

DSCN2798.jpg
ひ、ひぃ!

いや、それは、すみません、厨房の方が頑張って見えることは、よくわかって…

ただちょっと何かと立て込んでおりまして…

なかなか時間が、ですね…

pic.jpg
すみません!すみません!
書きます書きます、書きますんで!


と、言う事で、気を取り直しまして

本日も、我がマ・ファミーユわかばはご馳走でした。
DSCN2809.jpg
豪勢な天ぷらですよ!

そして、続いてはなかなか普通食が召し上がれない方の為のペースト食ですが、少しでも元の食材がわかるように形を残そうという厨房の方の努力が出ている点をご覧ください。
DSCN2810.jpg

次は、新嘗祭(勤労感謝の日)特別メニューにご期待ください!

厨房、ばんざーい!

すべてフィクションです。実際のDさんはとても穏やかで素敵な方です。写真が少なかったので、少しでもふくらまそうとこんなことになってしまった点を、関係者の方々にお詫び申し上げます。