ウナギなんて都市伝説 の巻

本日は土用丑。
食べることは叶わずとも、せめて、せめて絵だけでも‼
と言うことで描いてみました。
unajyu.jpg 
これでも満足いかない方は、蒲焼きをどうぞ。
IMG_20170722_132905.jpg  

 土用とは、立春・立夏・立秋・立冬前のそれぞれ約18日間を指します。特に有名なのはこの立秋前の土用ですね。
 つまりは、もう少しで暦の上では秋になるというわけです。

 
スポンサーサイト

たまには海を想う の巻

 本日は海の日

 海の日って何ぞや、と相変わらず調べてみました。 

 お馴染み、物知りのwikipedia殿によると、
『海の日とは、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている』
 との事です。

 元々は明治天皇が、船により東北地方巡幸なされた際に、横浜港にご帰港された事を記念して制定された日だそうです。
 本来は7/20だったものを、ハッピーマンデーで第三月曜になってしまったそうです。

 ところで、日本は世界第6位の海洋面積(領海+排他的経済水域)を誇る事をご存知でしょうか。小さな島などがあるおかげで、そこを中心に領海が認められていて、結果的に日本は非常に広い海洋面積を持っているのです。
ryokai_setsuzoku2.png 
国土交通省 領海等概念図 より引用

 いや、確かに広いですね。北方領土を奪われてなかったらもっと広かったのがよくわかりますが。

 日本が、いかに海を愛し、同時に海を畏れてきたか。
 縄文時代から優れた海洋技術があったらしいので、その頃から考えると1万年以上、日本人は海と生きてきたのです。
 今、東シナ海では中国が着々と侵略を進めています。領海の保全はそっちのけで、国会でもメディアでも不毛な議論ばかり。真剣に海を守れ!と言いたいです。

 海の日。大切にしたいですね。
 でも、やはり7月20日にすべきですね。

 

睡蓮を育てよう の巻

 昨年、隣のおっさんおじさまから頂いたメダカ20匹が、こまめな飼育のかいあって山のように卵を産みました。 
medaka.jpg 
水槽を外に出して日光浴中のメダカたち

 せっかくなので、容器のひとつとして睡蓮鉢を購入して来て睡蓮を入れ、そこにメダカの卵を投入することにしました。

 その睡蓮が、先日綺麗な花を咲かせました。
suiren.jpg

睡蓮はわさびのような茎の部分があり、そこから根や葉が伸びているのですが、”睡蓮の育て方”を読むと必ず「睡蓮が入っていた鉢に入れたまま、睡蓮鉢の底に沈めてください」と書いてあります。土を入れて植えるだけだと、浮いてきてしまうのです。

とは言え、私が買ったのは直径30cm程度の睡蓮鉢のため、小さな鉢に睡蓮を入れて沈めてしまうと、上から鉢が丸見えで風情も何もないのです。そこで、
suiren2.jpg
 大きな石を二つ、睡蓮の茎を挟むようにして沈め、その上にソイル(土)を入れました。こうすれば、 見栄えもばっちりです。
 メダカを入れる際の注意点は、ソイル(土)が「睡蓮用」のものの場合、魚に取って有害な場合があるのです。そのため、少し高価ですがフンなども分解してくれる魚用の土を購入することをお勧めします。

 それにしても、私は全く知らなかったのですが、睡蓮の花って、2~3日しかもたないんですね…。4日目あたりに花が開かず頭が重そうになっている蕾を見て、何か間違えたのかと焦りましたが、こんなもんなんですね。一年に、たった数日…。なんて儚い。
 
 それでも、例え花はなくとも、玄関先の涼として、気に入っています。
 

画伯 の巻

yamashita.jpg
入居者の作品をご紹介したいと思います。
DSCN2362.jpg 
いい雰囲気の絵ですが、実はこれ、すべて貼り絵なんです!

作者は、90代の女性です。
こちらが製作風景です。
プライバシーへの配慮のため顔は加工してありますが、実物はもっとべっぴんである事を付け加えさせていただきます。

DSCN2364.jpg DSCN2354.jpg

何がすごいと言って、その集中力
近くで職員が大きな声をあげようが、テレビで議員が汚いヤジをとばそうが、黄門さまの印籠が出ようが、北朝鮮がミサイルを撃とうが、まったく途切れぬ集中力

一度紙に向かうや否や、千切った細かい色紙を一心に糊付けして貼っていきます。周囲の雑音には一切乱されずにひとつ、ひとつ、ただひたすら貼ります。

ひとつの作品が完成するのに、約1ヶ月
一体、何千枚の切れ端が貼られているのか検討もつかない作品です。

本当に、感服いたします。
10分と机に向かえない我が子に、爪の垢を持って帰りたいところです。

DSCN2368.jpg 
こちらは別の80代女性の作品。テーマは『竹に雀』
こちらも貼り絵ですが、実はこれは和紙が貼ってあります。

和紙と言うのはなかなか千切りにくく、また貼る際も細かい作業がしにくい反面、こうやって観ると非常に味わいが出るんですね。

いやはや、恐れ入ります。
画伯たちの、次回作にも乞うご期待!

私も、80になっても90になっても、作品を作っていたい。
とは言え、この質の低さ…。これはこれでちょっと哀しい。。
yamashita.jpg 

 

ぐうたら感謝の日 の巻

いよいよ、6月2日がやってまいりました。
さて、本日が何の日かご存知でしょうか?

知っているあなたは、同じ怠け者仲間ですね!

そう、本日は「全日本ぐうたら協会」が定める「ぐうたら感謝の日」です!

ご存じない働き者の方に、ご説明いたしましょう。

もとは、ドラえもんのとあるお話にさかのぼるのですが、
6月に祝日がない事を嘆いたのび太に、ドラえもんが”自分が決めた日が祝日になるカレンダー”を出しました。
そしてこのやりとりです。
dora guu
©小学館 藤子プロ

 そして、本日6月2日がその「ぐうたら感謝の日」となり、皆がぐうたら過ごす日になったのです。

 ちなみにこの「全日本ぐうたら協会」、何もやっていないようです。会員になるのも自由だそうです。ホームページなどもなく、活動方針もわかりません。なにせ、何もやってないんで止むを得ないですね。

 それにしても、改めて思うと、「何もしない」と言うほど贅沢な事はないのではないかと思えてきます。多くの「何かしている」は、「何かしないといけない」の延長であって、「何かしたい」を満たしているわけではないからです。

 そう思うと、「何もしない」で済む状況っていうのは、やはり贅沢ですよねー。

「全日本ぐうたら協会」さんに頑張ってもらって、もっと「何もしない」事への啓蒙活動を…、だめか、頑張ったら「ぐうたら協会」ではなくなる。この大いなる矛盾。


guutara.jpg
時には、こんな風に過ごしたい。 

 「何もしない」までは無理ですが、今日ぐらいは家中の音を消してボーッとする時間を少し作ってみてはいかがでしょうか。


著作権に抵触するようなら上の絵を差し替えますのでご指摘ください。
1.jpg