ようこそ40℃ の巻

ついに、桑名市内、訪問車内の外気温計が40℃を超えてしまいました。


40degree.jpg

昨日も、道路を走行中、何度も救急車とすれ違いました。熱中症なのかもしれません…。 

 訪問を終えて、炎天下に停めてあった車に乗り込む際の、吸い込んだ息が肺まで熱するあの感じ。 灼熱のハンドルを握って、救いを求めてつけたエアコンからの熱風に頭が眩む感じ。 

 気温36℃というのが非常に重要な境目で、体温より外気温が高いということは、体内で生産された熱が外に逃げず、場合によってむしろ熱をもらってしまうことになるので、身体にとってまさに「命の危険がある温度」になってしまうそうです。
 「エコエコ」唱えていたメディアも、昨今はすっかり言わなくなりましたね。

 「クーラーは体に毒」は、せいぜい30℃ぐらいの時の話な気がします…。うちのばあちゃんを始めとしてご高齢の方、どうか信念を曲げてエアコン入れてください。

 
スポンサーサイト

夏の風物詩…、世界遺産登録 の巻


今年も、夏の風物詩がやってまいりました。
そう、「世界遺産登録」です。
昨年も、ちょいと不満を述べたのは自分の記憶に新しい所です(こちら)。

 さて、今年認定されたのは何かと申しますと長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産だそうです。禁教の際の信仰を評価されたとの事です。

 ちょうど、私も今『戦国日本と大航海時代』と言う本を読んでいるところで、まさに興味のあるテーマだったのですが、それだけに今年の認定に関しても不満たらたらです。

 なぜなら、豊臣秀吉がキリスト教を禁教して伴天連(バテレン、ここでは宣教師)追放を宣告したのは決して他教排斥ではなく、スペイン・ポルトガルの宣教師たちが、明確に国家侵略の意志を持って世界各国へ触手を伸ばしていたに他ならないからです。

 彼らは、開拓の名のもと、それはもう夥しい数の原住民を虐殺しました。キリスト教布教の歴史は、はっきり言って、虐殺の歴史です。
 それを察知した秀吉は、日本を護るために宣教師たちの布教を禁じましたが、決して庶民がキリスト教を信仰すること自体は禁じていません。
 徳川時代においても、同様に、キリシタンの布教が侵略の第一歩だと看破した故の禁教です。
 
 そんな歴史を差し置いて、今回の世界遺産登録。
 
 なんだか、数年前の、軍艦島の際のありもしない”強制徴用”の認定もそうでしたが、日本は世界遺産登録と言うこと自体が目的化してしまい、本来大切にしないといけない先人の苦労や努力を全て遺棄してしまっているように感じてなりません。


 
 

ロシアワールドカップを慌てて応援しだす、俄かファン代表 の巻

いや、勝ちました!!
はっきり言って、コロンビアに勝つとは、まったく思っておりませんでした。

まさかとは思いますが何のことかわからない方に、念のため申し上げると、現在ロシアで行われている「FIFAワールドカップ」の事です!サッカーですよ、サッカー。

まったく格上の南米の強豪コロンビアに、なんと我らが日本が、2-1で勝ってしまったんですよ!

2018russia.png

昔は私も、勝った途端に急に応援し出すような俄かファンを、軽蔑していたものです。
ええ。
しかし、今や、私が、その俄かファン代表です!
サッカー経験者の私は、つい昨日まで、「ワールドカップは決勝トーナメントからが面白いんや。」とか言ってましたよ。恥ずかしいですよ。
今や、頑張れ、日本代表!ですよ。手のひら、クルクル返しますよー!

この流れに乗り遅れてはならないと、慌てて、始業前と昼休みを使って「わかばくん・ロシアワールドカップバージョン」を描いてしまいました!

今朝の出勤の車の中は、椎名林檎「NIPPON」RADWIMPS「hinomaru」の繰り返しです!


 

わたしと小鳥と鈴 の巻

 先日、庭先に雀の子供が落ちていました。
 まさに、”落ちていた”感じです。

 毛は生えそろっていて、動いています。
 けがはないようですが、飛べないようです。
 時折羽をバタつかせますが、あくまで歩いている感じです。

 困った。
 野鳥の子供はあまり触れるとよくないと聞いた事がある気がしたので、とりあえずネットで調べてみました。

 すると、色々わかりました。

 毛の生えていない小さな雛の場合は巣から落下した可能性が高い為、ケガがなければすぐに巣に戻してやった方が良いのですが、今回のような比較的大きな雛の場合は、飛ぶ練習をしている最中なので、人間が手を出さない方がよいそうです(ソース)。

 そうやって見てみると、確かに時折親鳥と思しき雀が来ては近くに止まって鳴いています。

 とは言え、いつまで経っても一向に飛ぶ気配のない小鳥。
 やがて空は暗くなり、親鳥もどこかへ行ってしまいました。

 これは、保護した方が良いのか、それともまた親が来る可能性があるから放置した方が良いのか…。幸い気温はそれほど低下していなかったので、買ってきた「鳥の巣」の中にだけ入れ、食べるかどうかわからないけど一応米粒を置いて水も置いておきました。


 そして、翌朝。

 小鳥の姿はありません。周囲を探すと、何と…、何本かの散らばった羽。
 結局、小鳥がどうなったか、わからないままです。
 
 もしかしたら、野良猫か何かにやられたのかもしれません。
 
 果たして、どうするべきだったのか今でも後悔している、とても後味の悪い小鳥のお話しです。
 持ち上げた時の小鳥の温かさを思い出すと、今も少し胸にグッと来ます。

suzume.png 

 空を眺めて雀が飛んでいると、それぞれが一生懸命飛ぶ練習をしたのだなぁと、なんとも感慨深くなります。

 「鳥を飼いたい」と家族に言ったところ、「頼むからやめて」と0.5秒で却下されました。


 

天使を殺す悪魔 の巻

 東京都で、またまたまたまた、小さな子供が虐待によって殺されてしまいました。今度は、5歳の女の子です。殺人犯は、船戸雄大、船戸優里と言うらしいです。(ソース)。

 私は、子供の虐待と言うのは、何よりも、はらわたが煮えくり返るぐらいに許せません。親にも事情が、生い立ちが、精神的に、云々と情状を鑑みようとする人がいますが、はっきり言って、子供を虐待している親の事情なんてどうでもいいです。
 
 親にしか保護を求められない何の罪もない子供が、その親の裏切りによって地獄の苦しみを味わう事が許せません。こんなの、「保護責任者遺棄致死」ではなく、「殺人」です。
 できることならば、親や関係者を同じ目に遭わせて苦しませる刑を導入してほしいと願っています。

 学生時代、児童相談所で泊まりのアルバイトをしていた時に、虐待で保護されてくる子供をたくさん見ました。どんな目に遭おうとも子供は親に会いたいと言いました。大人への愛情の求め方が屈折して、攻撃的になる子達もいました。すべて、大人の責任です。

 私は、何年か前から「オレンジリボン」に寄付しています。キャンペーンや広報活動で子供が救われるとは到底思えないのですが、もしかして、一人でも子供を助けるための手伝いになれば、と言う思いです。

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

tel_sp.png

 ここまで読んでくださった方へ、なんだか、怒りばかりでとても感情的で不快な文章になっている事をお詫びいたします。
 子供が、笑顔になれる世の中になってほしいです…。 

children.png