睡蓮を育てよう の巻

 昨年、隣のおっさんおじさまから頂いたメダカ20匹が、こまめな飼育のかいあって山のように卵を産みました。 
medaka.jpg 
水槽を外に出して日光浴中のメダカたち

 せっかくなので、容器のひとつとして睡蓮鉢を購入して来て睡蓮を入れ、そこにメダカの卵を投入することにしました。

 その睡蓮が、先日綺麗な花を咲かせました。
suiren.jpg

睡蓮はわさびのような茎の部分があり、そこから根や葉が伸びているのですが、”睡蓮の育て方”を読むと必ず「睡蓮が入っていた鉢に入れたまま、睡蓮鉢の底に沈めてください」と書いてあります。土を入れて植えるだけだと、浮いてきてしまうのです。

とは言え、私が買ったのは直径30cm程度の睡蓮鉢のため、小さな鉢に睡蓮を入れて沈めてしまうと、上から鉢が丸見えで風情も何もないのです。そこで、
suiren2.jpg
 大きな石を二つ、睡蓮の茎を挟むようにして沈め、その上にソイル(土)を入れました。こうすれば、 見栄えもばっちりです。
 メダカを入れる際の注意点は、ソイル(土)が「睡蓮用」のものの場合、魚に取って有害な場合があるのです。そのため、少し高価ですがフンなども分解してくれる魚用の土を購入することをお勧めします。

 それにしても、私は全く知らなかったのですが、睡蓮の花って、2~3日しかもたないんですね…。4日目あたりに花が開かず頭が重そうになっている蕾を見て、何か間違えたのかと焦りましたが、こんなもんなんですね。一年に、たった数日…。なんて儚い。
 
 それでも、例え花はなくとも、玄関先の涼として、気に入っています。
 
スポンサーサイト

画伯 の巻

yamashita.jpg
入居者の作品をご紹介したいと思います。
DSCN2362.jpg 
いい雰囲気の絵ですが、実はこれ、すべて貼り絵なんです!

作者は、90代の女性です。
こちらが製作風景です。
プライバシーへの配慮のため顔は加工してありますが、実物はもっとべっぴんである事を付け加えさせていただきます。

DSCN2364.jpg DSCN2354.jpg

何がすごいと言って、その集中力
近くで職員が大きな声をあげようが、テレビで議員が汚いヤジをとばそうが、黄門さまの印籠が出ようが、北朝鮮がミサイルを撃とうが、まったく途切れぬ集中力

一度紙に向かうや否や、千切った細かい色紙を一心に糊付けして貼っていきます。周囲の雑音には一切乱されずにひとつ、ひとつ、ただひたすら貼ります。

ひとつの作品が完成するのに、約1ヶ月
一体、何千枚の切れ端が貼られているのか検討もつかない作品です。

本当に、感服いたします。
10分と机に向かえない我が子に、爪の垢を持って帰りたいところです。

DSCN2368.jpg 
こちらは別の80代女性の作品。テーマは『竹に雀』
こちらも貼り絵ですが、実はこれは和紙が貼ってあります。

和紙と言うのはなかなか千切りにくく、また貼る際も細かい作業がしにくい反面、こうやって観ると非常に味わいが出るんですね。

いやはや、恐れ入ります。
画伯たちの、次回作にも乞うご期待!

私も、80になっても90になっても、作品を作っていたい。
とは言え、この質の低さ…。これはこれでちょっと哀しい。。
yamashita.jpg 

 

ぐうたら感謝の日 の巻

いよいよ、6月2日がやってまいりました。
さて、本日が何の日かご存知でしょうか?

知っているあなたは、同じ怠け者仲間ですね!

そう、本日は「全日本ぐうたら協会」が定める「ぐうたら感謝の日」です!

ご存じない働き者の方に、ご説明いたしましょう。

もとは、ドラえもんのとあるお話にさかのぼるのですが、
6月に祝日がない事を嘆いたのび太に、ドラえもんが”自分が決めた日が祝日になるカレンダー”を出しました。
そしてこのやりとりです。
dora guu
©小学館 藤子プロ

 そして、本日6月2日がその「ぐうたら感謝の日」となり、皆がぐうたら過ごす日になったのです。

 ちなみにこの「全日本ぐうたら協会」、何もやっていないようです。会員になるのも自由だそうです。ホームページなどもなく、活動方針もわかりません。なにせ、何もやってないんで止むを得ないですね。

 それにしても、改めて思うと、「何もしない」と言うほど贅沢な事はないのではないかと思えてきます。多くの「何かしている」は、「何かしないといけない」の延長であって、「何かしたい」を満たしているわけではないからです。

 そう思うと、「何もしない」で済む状況っていうのは、やはり贅沢ですよねー。

「全日本ぐうたら協会」さんに頑張ってもらって、もっと「何もしない」事への啓蒙活動を…、だめか、頑張ったら「ぐうたら協会」ではなくなる。この大いなる矛盾。


guutara.jpg
時には、こんな風に過ごしたい。 

 「何もしない」までは無理ですが、今日ぐらいは家中の音を消してボーッとする時間を少し作ってみてはいかがでしょうか。


著作権に抵触するようなら上の絵を差し替えますのでご指摘ください。
1.jpg 

 

飲み会と言う名の戦場 の巻

 昨日、弊社代表の伊藤や、地域のケアマネの方々、K病院の理学療法士(PT)さん、A薬局の薬剤師Kさんなど、総勢10名で地域連携と言う名の飲み会がありました。
nomikai.jpg 
©やなせたかし(一応)

 様々な職種の方の話は、非常に勉強になり、刺激にもなります。
 …が。
 こんな事を言ってはあれなのですが、私(PT♂)は飲み会と言うものが大の苦手です。

 他人とのコミュニケーションが苦手な私にとって、飲み会は、さながら「言葉」と言う銃弾が飛び交う戦場なのです。
nomi4.jpg 
 
 そんな私も、飲み会に出るとなった以上、防弾チョッキを着こみ、武装して挑むのですが、それでもなるべく戦死するリスクを回避するため、極力部屋のをとるようにします。

nomi2.png 
角をとる事で、挟み撃ちにあう危険を回避できるのです。
上の絵は決してつまらないのではなく、安堵している表情です。


nomi3.png 
 更に角をとるメリットとして、上記のように戦況を観察できる点が挙げられます。視野を90°に絞れるため、守備範囲が狭くて済むのです。これは、私にとって実に精神的に楽なのです。
 壁がある事による安心感は計り知れないものがあります。

nomi1.png  
 なお、角を取れなかった場合は、上のように挟まれる事となりますが、この場合はできるだけ自分の左右がどちらも二人以上になるようにし、自分の両側で話が盛り上がる状況になればしめたものです。上の絵は、見ての通り安堵している状態です。
 
 それでもどうしても激戦地に放り込まれた場合は、極力自分の話はせずに、話の主導権を相手に渡して、話を聞く側に徹します。ごきげんよう小堺一機作戦の決行です。これにより私は、相手の顔色を見ながら、興味のありそうな話題を振りつつ、同時に次の話題を考える技術が身に付きました。
kosakai.jpg 

そんな神経をすり減らす飲み会が終わって家に生還すると…
 nomi5.jpg 
ほぼ毎回、こうなります。


 こういう私の話を職場の看護師さんたちに話したところ、まるっきり共感を得られなかったばかりか、気の毒な目で見られてしまう結果になってしまいました。
 「あーわかる!」と思って頂ける方となら、私は一緒に飲みに行ってみたいです。

 長々と、駄文を失礼いたしました。ちなみに下戸です。

 

とんでもねぇよ の巻

 私も語彙がないので偉そうなことは申せませんが、それでも、日ごろ耳にする言葉で、店員さんなどから敬語でもない変な言葉が聴こえてくると、何だか気になったりします。

よくあるのが
●「ら」抜き言葉
 ”食べれません” ”見れません” など。
 最近は若いアナウンサーですら普通に使うので、そういう時はイラッとします。
  
●「~のほう」の誤用
 ”課長の方は、いま席を外しております”
 これも良く聞きます。
 「~のほう」は方角などを表すものだと思います。

●「~になります」の誤用
 ”こちらが、オススメ料理になります”
 「なる」は変化を表します。「お前は料理になるんかい」とツッコミたくなります。


そして、意外に知らない人が多いのが…、


●「とんでもございません」は間違い
 「とんでもない」がひとつの形容詞であり、「とんでも」が「ない」わけではないのです。
 敬語にするなら「とんでもないです」「とんでもない事でございます」が正解。
  tondemo.jpg

●「滅相もございません」は間違い
 こちらも上と同様、「滅相もない」がひとつの形容詞です。
 「滅相」自体がひとつの言葉なので間違いやすいのですが、こちらも
 「滅相もないです」「滅相もない事でございます」が正解。

  messou.jpg 

 誤った言葉も繰り返し用いられる事で正しい言葉にとってかわられる事もあるので、何をもって間違いと言うかは非常に難しいところかと思いますが、少なくともサービス業に携わるうえで、言葉遣いはきちんとしていたいと思う今日この頃です。