渇きは中からやってくる の巻

03dassui.png 
 
スポンサーサイト

言語聴覚士(ST)向けイラスト の巻

職場の言語聴覚士のHさんから、
「言語リハビリ用の絵カードが欲しいけれど、ネットを探してもなかなか良い絵がなかったり、あちこちから拾ってくると絵柄が一貫してないから困ってるんよねー」と言うお話を聞き、それならば人肌脱ぎましょうか、と描くことになりました。
st-boy-carry.jpg 
こちらは「男の子が荷物を持っている」と言うテーマ。
 箱がどこかの企業のロゴに似ているとしても、それは全くの偶然です。
 帰宅してA○azonの箱が家に届いていると嬉しくなるのは私だけでしょうか。いえ、絵の箱とは一切無関係です。
st-dog-bite.jpg 
こちらは「男のが犬に噛まれている」と言うテーマ。
 これだけなら何て事ないのですが、Hさんから「あまり、”ぎゃぁっ”と言う感じは出さない程度の緩さ、それでいてじゃれているのではない噛み具合で」と言う実に面倒な注文がついたので、なかなか難しかったです。

st-card.jpg 
これらの絵を、Hさんがラミネート加工してくれました。

 ただのラクガキ絵が、素敵なカードになって何だか感激です。
 こちらにアップしてあるので、こちらをご覧になっているSTさんでご入用の方がおみえでしたらお使いください。セットで500円です(←嘘)  →→イラストはこちら


 

発達障害について の巻

「発達障害」は最近特によく耳にするキーワードです。

発達障害は、大きく「広汎性発達障害」「注意欠陥(欠如)多動症候群」「学習障害」があります。
hattastu.png
 それぞれの詳しい解説などは様々な書籍やサイトなどがあるので見て頂くとして、ここでは少し「生きづらさ」について書かせていただけたらと思います。

 自閉症スペクトラムがあったりすると、聴覚が過敏になったり嗅覚が過敏になったり、様々な刺激に反応しすぎて、社会生活に支障がでてしまうほどになる方もいるとの事です。

  ha1.jpg
 どんなことにも、アンテナの感度が良すぎて、他の人にわからないような情報まで拾って脳が処理しないといけない状況は、ほんとにつらいと思います。
 「視野を広げろって言うけどさ の巻」でも触れた事がありますが、我々は普段、様々な情報の中から自分にとって必要なものが何かを無意識に取捨選択していますが、これは”極めて高度ないい加減さ”であって、これができないと未完成ロボットのように思考は停止してしまいます。
 アンテナが弱く、感覚にも他者の痛みにも鈍感な人の方が、いかに生きやすいだろうと思います。

 ha2.jpg 
  色んな刺激を回避するために、一人の時間に入り込む。結果的に、他の「一般」の人の輪には入れないのです。
 こんな中で、誰一人、この子たちの声に耳を傾けなくなったら、この子はどうやって社会の中で自分を見つけていけばいいのだろうと思います。
 いわゆる「引きこもり」と呼ばれる人の中には、怠惰なだけの人もいるかもしれませんが、誰もがこういう子達を認めてあげなかった帰結である場合も、少なくないように思います。

ha3.jpg 

 我が家にも一人、「自閉症スペクトラム」の男の子(7さい)がおります。地図が好きで、「国道何号線はどこからどこまでで…」とマップルを開いて一人で頭の中で旅をしています。とんでもない記憶力を発揮するかと思えば、ごく単純な文脈を読むような国語の問題がわかりません。
 何度言っても直らない生活習慣に対して、親としてついつい怒ってしまう事が多いですが、これは本人ではどうしようもない事なのだと思い直すと、怒った自分を責めてしまうことも度々です。

 一般の人が「生きるのが大変だ」と思う何倍も、発達障害の子達は我々が素通りできている事にまで窮屈さを感じていて、”常識”だとか”普通”だとかという得体の知れない妖怪と日々戦っているのだと思います。
 この子達が、本当に笑顔になれるような社会が来るにはどうしたらよいのでしょう。

 社会が少しでも寛容であってほしいと願っています。

 

 

訪問の豆知識 の巻 その壱

 職員によるざっくばらんなブログとは言え、せっかくステーションのブログなのに毎度毎度訪問に関係ない事ばかり書くのはいかがなものかと、改めて思う次第であります。

 そこで、職員からあれこれ情報を収集して、訪問看護・訪問リハビリ・訪問介護における役に立つのか立たないのかわからないような、実体験に基づいた豆知識的なものを書いてみたいと思います。
 訪問に携わって間もない方などに向けて、教科書に書いてあることや小難しい技術の話なんかは他の素晴らしいサイトのページがいくらでもあるのでググっていただくとして、ここではちょっと毛色の違うものが紹介できたらと思います。

 さて、とは言え、いつもながら思い付きで書き始めて書きながら内容を考えているのですが、何もネタがないですな。

 う~ん。
 
 訪問リハビリで屋外歩行を実施する事がありますが、目安として、電柱間の距離は約30mだというのを覚えておくと、ざっくり距離が測れます。

pic1.jpg
※地形などによって違いはあるそうです。

…とまぁ、こんな程度の役に立つのか立たないのかわからない豆知識を少しずつ集めて書いていきますので、宜しくお願い致します。

 

一晩寝かせて育つのは俺たちだぜ の巻

温かくなってくると、食物による食中毒の危険が高まってきます。
統計では、冬場はウィルスによる食中毒が多いものの、この先は細菌によるものが増加してくるそうです。

carry.png 
本日は、カレーの食中毒についてご紹介します。
実は、カレーは食中毒のリスクが結構あるのです。

カレーの中には、「ウェルシュ菌」と言う食中毒の原因菌がそれはもうたくさん住んでいらっしゃるからなのです。
welsh.png 
ウェルシュ菌(イメージ)
※実物には顔はありません

「カレーの中の細菌なんて、加熱すれば大丈夫っしょ」
と思ってるあなた。

       その考えは、
o0256017812146772405.jpg

カレーですけど、考えが甘いですよ。


なぜなら、
welsh1.png
ウェルシュ菌は、熱には、滅法強い!

ウェルシュ菌は、加熱や冷却に対しては、「バリアー」を張るそうです。
バリアーを張ってる間は増殖こそできませんが、無敵です。

しかも、
welsh3.png
常温になるとどんどん増殖!

つまり、よもや常温で一晩寝かそうなどとしてしまうと、その間に鍋の中でどんどん増殖してしまうのです。くれぐれもご注意を!


さて、それでは対策がないのかと言うと、そういうわけではありません。
welsh2.png 
ウェルシュ菌は空気が嫌い!

相手の特性を知ったうえで対策を練るとすると、

●カレーを作ったら、小分けして底の浅いお皿に移す(空気に触れやすくするため)
●食べない分は冷蔵庫へ(冷却しても死なないが増殖は止められる)。
●再加熱する際はよく撹拌しながら行う(空気に触れさせる)

一晩寝かす場合は、ぜひとも以上のような事をお気に留めてください。


 とは言え・・・

まぁ、なんだかんだ言って美味しいですもんね、一晩寝かせたカレー。

一晩寝かせると具材の旨味などが溶け出してコクが増し、様々な成分が絡み合って熟成が進むから美味しくなるのだそうです(グリコのHPより)。

また、香辛料は新陳代謝を促進し、胃腸を刺激して食欲を増進するし、野菜もふんだんに入ってて栄養価も高いし、やっぱりカレーは素晴らしい食事ですよね。

今年の猛暑の夏を乗り切るためにも、皆さんどんどんカレーを食べましょう!!

carry2.png 

あれ・・・? 結局、テーマは何でしたっけ。