五月の絵 の巻

早いもので、五月になってしまいました。
今月も、廊下に色々な絵を貼っております。

koinobori.jpg
こいのぼり。最近は見かけなくなりました。
我が家もご他聞に漏れず、私の必死の訴えもむなしく、家族の「風でからまる」「雨が降るとすぐしまわないといけない」と言った理由に敗れて遂に破棄してしまいました。

 
takenoko.jpg 
二十四節気七十二候のひとつ、第二十一候は「竹笋生(たけのこしょうず)」と言うそうです。タケノコは「笋」とも「筍」とも「竹の子」とも書きます。
古事記でも、黄泉の国から逃げるイザナギがタケノコで事なきを得たほど、日本では昔からの食材のようです。

「そろそろ、どこかからタケノコが届かないやろうか」
と言うのは昨日のうちの婆さんの弁。


tado.jpg
多度の上げ馬神事。

この荒々しい祭りは何と700年近くも続いているとか。
大和魂とか武士道とか、そういう言葉が死語になっている今ですら、若い男の子がこんな神事に勇猛果敢に挑むのですから、日本人の心には埋火のように眠っているものがあるのかもしれないですね。

ukai.jpg 
長良川の鵜飼。

見たことがないので何とも言い難いですが、闇に火が浮かぶ光景と言うのは個人的に好きです。そこに更に「水」が加わるので、もう幻想的ですよね。
まぁ、鵜に関しては、何ともコメントのしようがないのです。何せ見たことないので。

ではまた6月に。
 
スポンサーサイト

こんな本読みました の巻 その拾

 少し衝撃的な本をご紹介します。
 何が衝撃的かと言うと、この本の著者は新生児黄疸により重度心身障害を患い、コミュニケーションが全くとれないと思っていた女性なのですが、その彼女が、國學院大学の柴田先生と言う方によって意思を表出することができたのです。
 こちらは、たくさんの詩や、先生たちとのやり取りなどが書かれた本です。

yakusokunodaichi.jpg 
『約束の大地 - 想いも言葉も持っている
詩:みぞろぎ梨穂
2017 青林堂

 本の帯にもあるように、著者は「ご覧の通り 何もできない私ですがぼんやりと生きてきたわけではありません。 ずっと私は人間とは何なのかということを考えてきました。」とPCを通じて表出してみえます。
 
 障害者の方と関わる立場の者として、そもそも全く言葉が理解すらできていないと思われる方でも実はかなり高いレベルで認識できていて、表出の可能性を信じてただただ潜んでみえるだけなのかもしれない事は、非常に興味深い事実です。
 障害がいかに重くても人間の尊厳が損なわれるわけではない、それどころか、魂の成熟度が高い人こそ敢えて自らに試練を課して困難な肉体で生まれてくるのかもしれないと、改めて感じます。

 安穏と生きてきた健常者には持ちえない感性が生み出す詩を、良ければご覧ください。
 
 

ひなまつり の巻

今日は上巳の節句ひなまつり
と言うわけで、マ・ファミーユわかばでも今日はご馳走です(いつもご馳走ですが!)。

hina1.jpg
散らし寿司に、茶わん蒸し、いちごも。

hina2.jpg
こちらはペースト食ですが、色合いなどに非常に気をつけています。

hina3.jpg
こちらは、茶わん蒸し完成時の様子。

hina4.jpg
食堂もにぎやかです。

厨房の撮影を行うと調理スタッフに怒られてしまうので、私は、今日こそは撮影されている事に感づかれないよう、細心の注意を払いました。

と言う事で、今日のレポートを終了・・・・

↓↓↓

hina5.jpg
しまった!見つかった!!

↓↓↓

die4.png
これ以上女性が元気になる必要があるのか、ひな祭り、彼は薄れゆく意識の中で思うのであった。
 

イブキ 盆梅エー! の巻

 今年も我が盆梅が花をつけてくれました。

 梅の花が咲くことを「ほころぶ」と言いますが、なるほどじっくりと蕾が開いてくる感じは、まさにほころんだ、と言う表現が”妙”です。

 昨年買った白梅(品種名は失念しました)も無事にほころび、揃い踏みとあいなりました。
 剪定の仕方がさっぱり素人なので、枝も見る人が見たら「なんじゃこりゃ」かもしれませんが、ちょっと売れ残りで割引だった鉢を購入した事もあるためご容赦ください。
bonbai.jpg 

 東風吹かば…の道真公の歌にもあるように、梅はやはり何と言っても香りが良いです。
顔を寄せると、ふわりと春の匂いがします。

 季節を忘れずにきちんとその息吹を五感に示してくれる盆梅。皆様もぜひ!

 これとは関係ありません。→→これ←←
 

雪の降りたるは言ふべきにもあらず…!? の巻

 三重県北勢地方は、すさまじい雪に見舞われてしまいました。
 
 昨日の昼過ぎにちょいと晴れ間が出ていたので油断してしまいましたが、あっという間に西の方から雪雲が流れてきて、また雪空に逆戻り。
 昨日雪かきしたはずの庭は、すっかり元通り。朝から車を出すのに雪かきで30分かかりました。

IMG_20170116_073449.jpg
ここは雪国か!国道421号

IMG_20170116_082757.jpg
訪問車は、こんな状態に
まるで選挙カー。

IMG_20170116_081121.jpg
朝の最初の仕事は雪かき。

 まさかここまで積もるとは。
 別駐車場は完全に雪に埋もれてしまい、稼働する車は2台。

 訪問も、職員の事故防止を優先して、場所によってお断りせざるを得ない状態になってしまいました。皆様にご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした。

tenki.png yuki.jpg
©気象庁 現在13:45 狙った様に横たわる雲。まるでやむ気配のない雪。

わずかばかりの晴れ間が、本当にありがたく感じます。
太陽って、こんなに大切な存在だったのですね。
amanoiwato.jpg 
そろそろお出ましくださいませ…