こんな本読みました の巻 その拾八

 4月に買って、ようやく読み終えた本です。ネットで言葉を調べながら読まねばならないほど、難しい表現が多い本でした。

 ともかく博学で明晰な著者が、数多の文献を読み解いて日本の歴史に関してまとめた本で、戦前に発売されて数十万部を売ったベストセラーだそうですが、あまりに史実に率直に皇室に関して書いていたため「不敬だ」などと右派からの批判があったほどです。

 また、戦後は日本人を鼓舞する精神的な支柱になる事を恐れたGHQに発禁処分にされている本で、この度新書として出版される事になりました。 
 
book18.jpg
『日本二千六百年史』 
大川周明・著
2018 毎日ワンズ

 どうにか一通り読んでみての感想ですが、古代から近代まで、この国の歴史に関して様々な視点から非常に濃密に書かれているように感じました。面白かったです。

 古代では大化の改心に至るまでにシナ(現在の中国)からの影響がいかに強かったか、伝来した仏教がどうやって浸透し結実したか、平安期の社会の退廃や貴族の堕落、頼朝や信長が意外にも皇室を敬っていた事、江戸時代の鎖国政策の過ちや町人社会における武士階級の葛藤など、そして明治維新に至る国情など、知らない知識を得られて、とても読み応えのある内容でした。

 この国が決して平坦ではなく、今まで数々の国家的な断絶の危機に遭いながらも、先人の努力、あるいは奇跡的な僥倖によって今に至っている事もわかりました。

 歴史とは、事件と言う”池”の繋ぎ合わせではなく、そこに暮らした様々な人が切れ間なく織りなす”川”の様なものであると感じます。今の水質を、源流や流域の環境を調査して学ぶのが、歴史なのかなと思いました。

 ちなみに、題名の「二千六百年」は、皇紀(神武天皇即位からの年数)です。

 



 
スポンサーサイト

端午三兄弟 の巻

 本日は、端午の節句
 どうして端午と呼ぶかは、実は、色々とまぁ、理由があるようでして、
 えーと、それは、色々あるようなので、とりあえずググってください。

 さて、邪気を払う「菖蒲」が、「尚武」を連想させることから、武士にとって縁起が良いと言う事で、「男の子の日」となったとか、ならないとか。

kodomonohi.png
 お子さんやお孫さんたちを立派に育ててみえたわかばの入居者さんたちにとって、もしかしたら「こどもの日」はいろんな事を思い出す日なのかもしれないなぁ、などと思ったりします。

 さて、わかばでも、お昼は端午の節句と言う事でご馳走が出ました(いつもご馳走ですが!)
20180505n.jpg
普通食
20180505p.jpg
ペースト食

 皆様には元気をつけていただき、来たる暑い季節に備えていただければと思います。


 

お詫びと訂正 の巻

 昨日、弊社ホームページのトップ画面及びブログに於きまして、弊社があたかもドローンで訪問するかのような誤解を与えかねない紛らわしい画像および文章が公開された件を、お詫び申し上げ訂正させていただきたいと存じます。

 弊社は今のところドローンによる訪問は行っておりませんので、悪しからずご了承いただきますようお願い申し上げます。

訪問看護ステーションわかば
エイプリルフール課
 

わかば駐車場の謎のにぎわい の巻

以下の場所に、わかば職員駐車場がございます。

わかば施設内の駐車スペースがいっぱいの場合は、少し遠いのですがこちらへご案内することもございます。
parking.png

 ところで最近、この駐車場の向かいの公園の前の路上に、車がズラーっと並んでいることがあります。ひどい時には、施設とまったく無関係の車が駐車場内に不法停車していることもあります。

 何かと思えば、向かいの公園で、スマホゲーム『pokemon GO』の、レアなモンスターが時折出現するらしいのです。それを捕まえるために、スマホ片手に大人たちが群がってくるというのが真相のようです。

 はっきり申し上げて、職員や関係者が駐車場から車を出すにも邪魔な場所での駐車です。
 それをやんわり注意すると、逆ギレされる方もいらっしゃいます。

 非難も承知で書きますが、いい歳した大人が、架空のモンスターを捕まえるために他の迷惑すら顧みずに集まる姿は、なんだかなぁと思ってしまいます。
 他山の石にしたいものです。

 

夏だ!キャンプだ! の巻

 週末に、「青川峡キャンピングパーク」と言う所へ家族でキャンプに行ってきました。IMG_20170805_164901.jpg IMG_20170805_134910.jpg


 いなべ市は北勢町、国道からわずか10分ほど走った山間の川沿い、このキャンプ場は忽然と表れます。
IMG_20170805_165042.jpg

 3ヶ月前の10日からネット予約が開始になるのですが(つまり、8月1日~8月31日の予約は5月10日開始)、ここは非常に人気のキャンプ場なので、土曜日の予約などは予約開始日の午前0時を過ぎてすぐに予約が一杯になると言う恐ろしい場所です( ゚Д゚)

 キャンプ場は区画ごとにきっちり分けられた「プライベートサイト」、開放感のある「オープンサイト」、川に隣接した「水辺サイト」、その他「コテージ」「トレーラーサイト」など充実しています。 設備も管理も行き届いていて、家族向けや我が家のようにキャンプ初心者にはありがたいです。

 難点は、値段が高い事ですね…。サイト料金(ハイシーズン\6,000)に、更に人数分の施設使用料がかかってくるのです(大人2人+子供2人で行くと追加\3,000)。

 夏は土曜日に「青川シャワーウォーク」と言うものが開催されていて、青川に流れ込む支流を歩いて上っていくイベントに長男次男と私3人が参加(別料金\1,000/名)。
 2m近くの滝を上ったり流れの速い所を進んだり倒木をくぐったり。
 全身びしょぬれになるためカメラも持って行けなかったのが残念ですが、頭上を覆う木々の間からスーッと水面に太陽の光が伸びる光景は、神秘的でした。
 次男と私は帰ってきて靴を脱いだら、ヒルに吸われて血が出ていましたが。

IMG_20170805_183443.jpg
愛用のcoleman焚火台。
BBQコンロと兼用で荷物軽減。
直火NGの場所が多いので必需です。

20170805_183431.jpg
子供たち。
思い出に残してくれるでしょうか。

IMG_20170805_191553.jpg 
colemanガソリンランタン。
テント内はLEDランタン必須ですが、屋外はやはりガソリンですね~!

 「子供の経験のために!」と、インドアな自分を封印して一念発起、今年から宿泊キャンプを始めたばかりの初心者です。
 さて、次はどこへ行くやら!